ブラジル大統領、BRICS拡大を支持 国連安保理の機能不全を批判

【サンパウロ綾村悟】ブラジルのルラ大統領は2日、首都ブラジリアで就任後初めてとなる外国メディアとの記者会見に応じ、ウクライナ戦争や国連改革などに言及した。

ルラ氏は、ウクライナ和平に向けたブラジルの取り組みとして、「まずは戦争に加担しないことが最も大事なことだ」と強調した上で、「インドや中国、インドネシアなどの中立国と和平案を模索しているが、ロシアとウクライナは、いまだ和平案を受け入れる段階に来ていない」との見方を示した。

一方、ルラ氏はウクライナ戦争を絡めて国連にも言及し、「そもそも常任理事国が戦争を起こしている。米国はイラクに侵攻し、フランスや英国はリビア問題に介入した。今はロシアが国連の許可なくウクライナに侵攻している」と批判。紛争を解決するはずの国連安全保障理事会が全く機能していないと主張した。

また、ブラジルと中国、ロシアなどが加盟する新興5カ国(BRICS)に関しては、発展途上国を中心とした加盟国拡大に前向きな姿勢を示した。

サウジアラビアやベネズエラ、インドネシアなどがBRICS加入に意欲を示しており、2日に南アフリカのケープタウンで開催されたBRICS外相会議には、キューバやカザフスタンを含む十数カ国の代表が参加した。

spot_img
Google Translate »