連邦議会襲撃事件で前大統領に聴取命令―ブラジル

【サンパウロ綾村悟】ブラジル最高裁は14日、ボルソナロ前大統領の支持者ら約4000人が1月8日に首都ブラジリアの連邦議会と大統領府、最高裁判所を襲撃した事件で、10日以内にボルソナロ前大統領に対する聴取を行うように連邦警察に命令した。ボルソナロ氏には、襲撃事件を扇動した容疑などが掛けられている。

聴取命令は、「(襲撃事件の)事件解明には前大統領の証言が不可欠だ」との検察当局の意見に同意したモラエス最高裁判事が出した。ボルソナロ氏は、一切の関与を否定している。事件当日、ボルソナロ氏は米フロリダ州に休暇で滞在していたが、事件発生後に昨年10月の大統領選挙での不正をにおわす動画を投稿しており、捜査当局が扇動などの容疑で捜査を進めていた。

spot_img
Google Translate »