違法伐採者の資産を凍結 ブラジル

【サンパウロ綾村悟】ブラジル国立経済社会開発銀行(BNDES)は18日、アマゾン熱帯雨林をはじめとする森林の違法伐採に関与しているとされる58人の土地所有者の資産2500万レアル(約6億3000万円)を凍結したと発表した。政府系ブラジル通信が報じた。BNDESは、今年2月から人工衛星による観測データなどを基にブラジル国内の土地の利用状況を監視してきた。観測データをジオレファレンスにより実際の土地利用状況を割り出すことで、詳細な伐採状況が確認できたという。

spot_img
Google Translate »