【連載】赫き群青 いま問い直す太平洋戦史(7) 真珠湾攻撃と南雲忠一(下)適切だった追撃見送りの判断 天候悪化、敵空母の所在も不明

南雲機動部隊の攻撃で沈む英空母ハーミス

狙いは米の戦意喪失

真珠湾攻撃において機動部隊は、戦果拡大を目指し、さらに第3次攻撃隊を編成し、ドックや石油タンクなどの米軍地上施設を破壊すべきではなかったか、の議論がある。これを支持する論者は、ハワイ近海から急ぎ避退した南雲の采配を臆病で退嬰(たいえい)的だったと批判する。

その当否を論じるには、南雲に下された命令の内容を正しく把握する必要がある。昭和16年11月5日、連合艦隊司令長官が機動部隊に下した命令は「米国艦隊を撃破シ」(機密連合艦隊命令作第1号)とあり、これを受け機動部隊が定めた作戦方針も「在布哇(ハワイ)敵艦隊ニ対シ奇襲ヲ決行シ之ニ致命的打撃ヲ与」え、「空襲終ラバ機動部隊ハ速ニ敵ヨリ離脱シ」(昭和16年11月23日付機密機動部隊命令作第1号)とされ、敵の地上施設攻撃は含まれていない。

航空参謀源田実らは、南雲に再攻撃を促したが容(い)れられなかったと戦後証言した。だが、実際には具申などしていないことが後に明らかになった。大魚を逃したとの批判に便乗迎合し、戦果拡大の機を逃した責めを南雲に負わそうとする自己保身の虚言だ。「奇襲というものは風の如(ごと)く殺到し風の如くに引き揚ぐべき」と信じる草鹿参謀長が「何の躊躇(ちゅうちょ)もなく長官に進言し」(草鹿の回想)、すんなり帰投に決したというのが実相である。

山本五十六連合艦隊司令長官の狙いは、米太平洋艦隊を徹底的に叩(たた)きアメリカの戦意を喪失させることにあった。空母でなく戦艦でもよかった。アメリカの強さの象徴である戦艦の撃沈が米国民に与える心理的打撃効果を期待したのだ。山本の当初の真珠湾攻撃案でも、目標は戦艦とされていた。「狙うは戦艦より空母」と説いたのは源田実である。山本が大鑑巨砲主義を排し空母主力の海軍を構想していたという戦後の評価には誇張がある。それはともかく、山本はハワイの攻略、占拠も考えていた節があり、その発想に拠(よ)ればハワイ地上施設の壊滅にも魅力を感じていたかもしれない。

長官は再攻撃命じず

ハワイ真珠湾に向け赤城を飛び立つ第1次攻撃隊の97式艦攻

だが山本は、こうした自らの真意を一度も南雲らに伝えることはなかった。また長門艦上で「南雲はやらんよ」と皮肉交じりに呟(つぶや)くだけで、さらなる攻撃を命じようともしなかった。一方、機動部隊の幹部は、ハワイ作戦は南方作戦を有利に進めるための補助作戦と解していた。しかも出撃前、軍令部から、母艦を極力損傷させぬよう強く言い渡されていた。米太平洋艦隊に大打撃を与え、米艦隊の南方渡洋阻止の目的を達成したこと、また米軍の立ち直りが早く、第2次攻撃隊は激しい対空砲火を浴び、奇襲ではなく強襲の様相を呈していた。攻撃を重ねれば被害の増大は確実であった。

さらに天候が悪化した。第2次攻撃隊収容後の午後3時過ぎに第3次攻撃隊を出せば、夜間波浪の高い中での収容作業となり危険が大きい。敵空母2隻の動静がなお不明であったことも考え併せれば、追撃を見送った南雲の判断は適切である。ニミッツの『太平洋海戦史』は、石油タンク等を見逃したのは大失態と書くが、勝者の立場で日本を揶揄(やゆ)する底意が感じられる。戦果拡大の機を逸したと南雲を臆病者呼ばわりするのは筋違いであり、後知恵の勇ましき主張に与(くみ)することはできない。ただ敢(あ)えて付言すれば、避退しつつも索敵にもっと力を入れておれば、折しも近傍海域で行動中の米空母を補足、攻撃できたかもしれない。

一方、機動部隊が帰路についた頃、国内では真珠湾攻撃を伝えるラジオに国中が沸いた。放送は最後に「なお連合艦隊司令長官は山本五十六大将であります」と付け加えたが、南雲の名前は出なかった。それでも機動部隊が広島湾に帰投した後、南雲は天皇への戦果奏上の栄誉に恵まれた。「はじめは神妙に上奏されていたが、陛下の御下問になると、彼らがこのようにやりましたと山形弁丸出しで、はらはらしました」(陪席した淵田中佐の証言)。光栄と感激に満ちた表情で、南雲は赤城に戻った。彼の生涯で、最も輝いた時であった。

常勝の南雲機動部隊

明けて昭和17年1月、南雲機動部隊はラバウルを爆撃、次いでニューギニアのラエ、サラモアを空襲、2月はポートダーウィンを爆撃、3月のジャワ海掃討戦を経て4月にはインド洋に進出した。英東洋艦隊を殲滅(せんめつ)し、南方資源地帯を確保するためである。機動部隊は4月5日、セイロン島のコロンボ港を空襲し重巡コンウオール、ドーセットシャー2隻を轟沈(ごうちん)、9日にはトリンコマリ軍港を爆撃し、空母ハーミスを沈めた。

このセイロン攻撃で、艦載機が投下した爆弾の命中率は81~92%と驚異的な記録を残している。世界最精鋭の搭乗員を擁する南雲艦隊は僅(わず)か半年で西太平洋から南洋、さらにインド洋と地球の3分の1に及ぶ広大な海域を制圧、向かうところ敵無しだった。だが、大事には至らなかったものの、インド洋では幾度か作戦上のトラブルや危機に遭遇した。また山口多聞第2航空戦隊司令官は、繰り返してきた空母集中運用の見直しを主張した。休む暇なく転戦を続けた機動部隊には、兵員の休養も必要であった。

しかし、インド洋から内地に戻るや否や、機動部隊にはミッドウェイ作戦が下令された。開戦以来の部隊運用の問題点を洗い出し改善を図るとともに、同じパターンを重ねる作戦構想を見直す時期であったが、連戦連勝に慣れた日本海軍はいずれの施策にも手を付けようとしなかった。その油断や驕慢(きょうまん)が、戦局を一転させる大敗を招くことになったのである。

(毎月1回掲載)

戦略史家 東山恭三

spot_img
Google Translate »