世界日報 Web版

同性婚、現実味帯びる「全米合法化」


800

司法に否定される民意

 米国で同性結婚を認める州の数が、19から一気に30を超える見通しとなった。連邦最高裁が、同性婚を禁じた州の規定を違憲とした複数の連邦高裁判決に対する上告を棄却したためだ。住民投票などを通じて示された男女間の伝統的な結婚を支持する民意は、司法によって否定され、同性婚の「全米合法化」が現実味を帯び始めている。(ワシントン・早川俊行)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ