世界日報 Web版

子宮頸がんワクチンの不都合な真実 医師 佐藤荘太郎


300

疼痛は脳に障害の可能性

 子宮頸がんワクチンの重篤副反応が相次ぎ、厚生労働省ワクチン検討部会はこのほど、接種の積極的勧奨を中止した。佐藤荘太郎・内科医は世日クラブで「子宮頸がんワクチンの不都合な真実」と題し、様々な症例で現れる副反応の根本原因について語った。

事態矮小化する厚労省/再び積極的勧奨狙う

ワクチンで抗原過多に/症状の深刻さ疎い委員


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ