世界日報 Web版

コロナ後に向け 心通う強固な台日関係を


謝長廷

台北駐日経済文化代表処代表 謝長廷

 2期目に入った蔡英文総統の就任から1年を迎え、蔡政権は5月20日より6年目に入ります。昨年、世界は新型コロナウイルス感染症の対策に追われ、台湾も最優先で防疫に取り組みました。台湾と日本を取り巻く環境も大きく変化し、防疫対策のため両国の人的往来は大きく制限されていますが、台日間の友好関係はますます深まっています。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ