韓鶴子総裁、西日本豪雨で2000万円を寄付


 世界平和統一家庭連合(家庭連合)は20日、西日本豪雨の被災者支援と被災地復興のために、同連合の韓鶴子総裁が日本赤十字社(東京・港区)に2000万円を寄付したことを明らかにした。同連合の徳野英治会長が同日午後、代理として、日本赤十字社を訪問し、ボランティア活動推進室の大野博敬室長に目録を手渡した。

 徳野会長は「韓総裁が豪雨被害を大変心配され寄付された」と大野室長に伝えた。また、同連合平和ボランティア隊「U Peace」が16日から、岡山県倉敷市真備町で支援活動を行っていることや、今後は広島県でも活動することなどを説明した。

日本赤十字社の大野博敬氏(左)に義援金の目録を渡す家庭連合の徳野英治会長 =20日午後、東京・港区