世界日報 Web版

中学生による同級生刺殺といじめ自殺を取り上げるも掘り下げ不足の文春


◆主犯格に「家庭問題」

 中学生をめぐる事件が相次いでいる。いじめによる自殺で十代の命が失われている。ついに殺人が疑われる事件まで起きてしまった。そのとき、いつも思うのは「なぜ周りは気付かなかったんだろうか」「防げなかったのだろうか」だ。

 二つのケースを週刊文春(7月18日号)が取り上げている。埼玉県所沢市で中学生が同級生に刺された事件と、岐阜県岐阜市でいじめによって中学生が自殺した事件だ。いずれも見開き2ページの短い記事である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ