世界日報 Web版

「やさしい日本語」で、全国に先駆け避難訓練


「やさしい日本語」で、全国に先駆け避難訓練

青森・弘前大が開発、「さくらまつり」で実施

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、外国人来訪者の安全を守ろう――。青森県弘前市はこのほど、弘前大学が開発した「やさしい日本語」を活用して、全国に先駆け、来日間もない外国人に対する災害想定の避難誘導訓練を行った。(市原幸彦)

 訓練を行ったのは弘前さくらまつり期間中(4月20日から5月6日)の弘前公園で、祭り会期中に震度6弱の地震が発生したとの想定で行われた。ベトナム人技能実習生28人に対し、「やさしい日本語」を学んだ関係者らが避難誘導に当たった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ