世界日報 Web版

ごみ減量化へ食品ロス学ぶ


ごみ減量化へ食品ロス学ぶ

埋立処分場の見学などに参加

 食べ残しや期限切れなどで食品が廃棄される食品ロス(フードロス)を知ることで家庭ごみの減量化につなげようと、東京都環境公社は13日、親子向けのワークショップを東京都江東区の環境局中防合同庁舎で開いた。小学校1年から6年生までの子供19人を含む42人が食品ロスやごみ問題に関する学習や埋め立て処分場の見学などに参加した。

 食品ロス改善活動に携わる一般社団法人フードサルベージの平井巧代表が講師を務め、時折クイズを交えながら「食品ロスは全国で年間約600万㌧以上で、半分は家庭から出ている」と現状を説明。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ