世界日報 Web版

モンスターペアレント対策を考える


モンスターペアレント対策を考える

北海道師範塾「教師の道」が夏季講座

 わが国の教育現場において「教師の資質」が問われている。その一方で、理不尽な要求を学校側に求める保護者“モンスターペアレント”の増加も指摘されている。いじめや不登校など難問が山積する中で、「教師こそ学び続けるもの」を合言葉に教師の道を追究し、さらに教師を目指す若者を対象に養成事業に取り組む北海道師範塾「教師の道」の夏季講座がこのほど、札幌で開かれた。(札幌支局・湯朝 肇)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ