世界日報 Web版

「いじめ」は犯罪行為である


秋山 昭八

 文部科学省は2016年10月27日、15年度の問題行動調査の結果を公表した。全国の小中高校と特別支援学校で認知されたいじめは前年度を3万6468件上回る22万4540件で、調査が始まった1985年以降で最多となった。

 不登校の小中学生は3年連続の増加となる12万6009人で、児童・生徒1000人当たりの割合は12・6人と過去最高を更新した。

 15年度に認知されたいじめは小学校が15万1190件。2万8456件増え過去最高となった。中学校は5万9422件(6451件増)、高校は1万2654件(1250件増)だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ