世界日報 Web版

家庭は教育の出発点


秋山 昭八

弁護士 秋山 昭八

 家庭での教育について国や自治体が支援の責任を負うとする「家庭教育支援法案」を、自民党が通常国会に提出すべく準備中であることについて毎日新聞は、公権力が家庭に介入していくとも受け取れると批判し、「家族は互いに助け合わなければならない」とうたう同党の改憲草案と合わせて、「家族生活での個の尊厳をうたう憲法24条の改正への布石ではないか」との批判記事を載せている(2016年11月3日付朝刊の社会面トップ)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ