世界日報 Web版

北海道師範塾「教師の道」で教師魂を磨く


北海道師範塾「教師の道」で教師魂を磨く

向上する教師目指し定期講座、民間企業トップ招き講話

 教師の質の低下がいわれて久しい。学校現場での人間関係や肉体的な過労などによってストレスを抱え鬱(うつ)病で休職する教師も増加しているという。そうした中で「教師魂を磨く」ことを目標とし、教師を目指す若者を支援・養成する北海道師範塾「教師の道」(塾頭、吉田洋一・元北海道教育長)は毎年夏、冬の2回にわたって定期講座を開催。「教師力」「人間力」のある教師養成を図っている。(札幌支局・湯朝 肇)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ