世界日報 Web版

子供の上手なしつけ方は? 否定的でなく肯定的な表現で


◆ きょういく Q&A ◆

子供の上手なしつけ方は? 否定的でなく肯定的な表現で

子供に注意するコツ

  子供が言うことをきかなかったり、反抗的な態度をとったら、どのように注意したらいいですか。

  注意する前に、ほめるのが効果的です。ほめられると、子供は心を開きます。そして、親の言うことに耳を傾けてくれるようになります。子供は自分を認めてもらったことで、注意された内容も受け入れられやすくなります。きちんとできていることを親が認めると、自分を見てくれているんだと喜びます。注意されたことを気を付けようという気持ちになります。

  注意をするコツは。

  否定的な言い方ではなく、肯定的な表現で伝えるほうが、子供には理解しやすいです。使ったものを出しっぱなしにしたら、「だめだよ!」と叱るのではなく、「片付けようね!」と促すと分かりやすいですね。

  子供がウソをついたらどうしたらいいですか。

  本当のことを言うと叱られるので、ウソをついてしまうことがあります。親が「なぜ?」「どうして?」と問い詰めると、自分を守るために、ウソをついて取り繕い、ウソにウソを重ねてしまいます。叱らないからと、本当のことを言うようにさせ、本当のことを言った場合、絶対に叱らないこと。正直に話したことをほめてから、悪かったことを注意してください。

  ウソをつかないようにするには。

  ウソをつくと、本当のことを言っても信じてもらえなくなることがあり、それがどんなに辛いことか教えましょう。親が子供に誠実な態度で接し、ウソをつかないようにします。子供だからこそ、誠実に対応しなければなりません。