世界日報 Web版

大学と企業による地域貢献、琉球大学主催で講演会


大学と企業による地域貢献、琉球大学主催で講演会

「地域に対して企業・大学に何ができるか」と題して

 琉球大学は18日、那覇市で「地域に対して企業・大学に何ができるか」と題する講演会を開き、同大学と産業界を代表して3人が提言した。産業クラスターの創出を通じた地域経済の活性化が期待される中、同大学の役割に期待が集まった。(那覇支局・豊田 剛)

 琉球大学の大城肇(はじめ)学長は「平成29年度から時代や地域のニーズにあわせて工学部を再編する」と明言した。現状では、IT関連など高度な専門技術を要する企業が県内で必要とする人材を見つけるのが困難で、人材ミスマッチが起きている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ