世界日報 Web版

震災後の東北は学習フィールド


震災後の東北は学習フィールド

「私大ネット36」、宮城・南三陸町で活動

 「課題先進地」と言われる東日本大震災後の東北を貴重な学習のフィールドと位置づけ、私立大学が集結し、互いの専門性を生かしながら研修を行う東北再生「私大ネット36(さんりく)」(事務校=大正大学)が、宮城県南三陸町を舞台に活動を進めている。(市原幸彦)

 私大ネット36は、震災翌年の平成24年4月に10年を期間と定め発足。加盟校は大正大学のほか國學院大學、埼玉工業大学、こども教育宝仙大学(この4校が幹事校)など現在、全国26大学が加盟。一般社団法人・南三陸研修センターと連携し、現地での春・夏の休暇を利用した研修プログラムや東京近辺でのシンポジウムなどを実施している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ