世界日報 Web版

音読で文字への抵抗感なくす


音読で文字への抵抗感なくす

北海道師範塾「教師の道」研修講座

 教育改革が叫ばれて久しい。教育基本法の改正、教育委員会制度の見直し、道徳の特別教科化などさまざまな制度・カリキュラム改革が進められている。もっともそれらの改革が児童生徒にとって有益かどうかの評価はもう少し先の話。一方、教師が自ら研鑚(けんさん)を務めることの重要性を説く民間の教育団体・北海道師範塾「教師の道」(塾頭、吉田洋一・社会福祉法人北海道社会福祉事業団理事長)は今月5,6日の2日間にわたって冬季教育研修講座を開き、教師の質向上や若手教師らによる児童生徒の目線に立った教育実践例などが報告された。(札幌支局・湯朝 肇)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ