世界日報 Web版

教育環境のIT化どこまで


教育環境のIT化どこまで

「デジタル教科書」にみる実情

 社会の情報化が急速度に進む中、教育現場でもそれにどう対応するかが大きな課題となっている。政府は、平成25年6月の「世界最先端IT国家創造宣言」(26年6月全面改訂)で、世界最高水準のIT利活用社会を通じた「情報資源立国」を目指すことを表明し、それを牽引(けんいん)し、支え、享受する人材を育成するため、32(2020)年までに「教育環境のIT化を実現する」と謳(うた)っている。その実情を「デジタル教科書」を軸にして考えてみる。(武田滋樹)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ