世界日報 Web版

4月開校の宮城県登米総合産業高等学校


4月開校の宮城県登米総合産業高等学校

学科を越え広く産業を学ぶ

 宮城県北部の米の名産地登米(とめ)市に、県登米総合産業高等学校(鈴木琢也校長)が今年4月に開校した。少子化が進む中、上沼高校、米山高校、来谷工業高校の3校と登米高校商業科を統合し、新たに福祉科を加えた県内初の総合産業高校だ。地域と密着した専門系高校のモデルケースを目指す。(市原幸彦)

 同校は農業科、機械科、電気科、情報技術科、商業科、福祉科の6科で構成。定員は各40人の240人。今年度の1年生の生徒数は225人。15人の定員割れだが、以前と比べずっと定員に近づいた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ