世界日報 Web版

ツケが回る大学再編の動き


大藏 雄之助

柔軟な戦前制度に倣え

評論家 大藏 雄之助

 文部科学省が国立大学に関して次々に通達や提言を行っている。

 まず5月に、86の国立大学に対して「世界最高水準の教育研究」、「特定分野で世界的な教育研究」、「地域活性化の中核」の三分類の一つを選択するよう通知した。委員会などで審査することはないので大学ごとの自主決定というが、例えば東京大でもすべての分野で「世界最高水準の教育研究」をしているとは考えられないし、地方の大学の中でも非常に小さな研究で特異な成果を挙げている場合もあり、判断は難しい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ