世界日報 Web版

不登校経験者らが演劇・太鼓熱演


不登校経験者らが演劇・太鼓熱演

秋田・三種町「長信田の森心療クリニック」に集う若者

 不登校や引きこもり経験者が9月21日、自分たちの等身大の姿を体当たりで描く演劇公演「親父の音魂」を秋田市の県児童会館で行った。引きこもりだった主人公の男子が太鼓の練習に励む中、父親との絆を取り戻していく様子を軸に、さまざまな事情を抱えながら集まった若者たちのぶつかり会い・友情を熱演した。(伊藤志郎)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ