世界日報 Web版

「道徳」検定教科書導入に思う


杉原 誠四郎

生徒指導の展望が必要

教育研究者 杉原 誠四郎

 中央教育審議会の道徳教育専門部会が去る8月7日、特別な教科として「道徳」を設置し、検定教科書を導入する方針を明らかにした。道徳教育の教科化は政府の教育再生実行会議で昨年2月提言されていたことで、中央教育審議会としてはやっと重い腰を上げたということだろう。

 かなりの道のりはあったが、道徳教育が教科化し、その教科書が検定教科書ということになるのは喜ばしい。だが、そこでいう検定教科書とはどんな教科書のことであろうか。そのことで提言したいことがある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ