世界日報 Web版

地方の人口減少進む、岐路に立つ学校部活動


地方の人口減少進む、岐路に立つ学校部活動

4年間で道内の部活動が12%減、チーム作れない学校も

 地方の人口減少が進む中で放課後、生徒がスポーツや文化に親しむ部活動の存続を危ぶむ声が高まっている。そうした中で北海道教育委員会(以下、道教委)はアンケート調査やフォーラムを実施することで地域部活動の現状や課題、対応を検討。これまで学校が教育の一環として捉えてきた部活動が今大きな岐路に立たされている。(札幌支局・湯朝 肇)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ