世界日報 Web版

「阿吽の呼吸」 脳科学からアプローチ


「阿吽の呼吸」 脳科学からアプローチ

OISTがサッカーJ2のFC琉球と共同研究へ

 沖縄科学技術大学院大学(OIST、ピーター・グルース理事長)とサッカーJ2のFC琉球を運営する琉球フットボールクラブ株式会社(倉林啓士郎・代表取締役会長)はこのほど、脳科学の知見を生かし、将来的にプロアスリートのパフォーマンス向上にも貢献できるプロジェクトの立ち上げを目指した覚書を締結した。スポーツに脳科学を掛け合わせることで選手のパフォーマンスがどの程度向上するのか、成果が注目される。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ