世界日報 Web版

がん教育、授業ではリスク回避、回復に重点を


がん教育、授業ではリスク回避、回復に重点を

中高でがん教育が義務化、沖縄大学が公開講座を開催

 2人に1人が罹患(りかん)する悪性新生物(がん)に対する知識を持ってもらおうと、沖縄大学はこのほど、がん教育についての公開講座を行った。今年度から中学の授業で「がん教育」の授業が必修になり関心が高まっている。公開講座には、がん教育に携わる保健体育教諭や保健教育の専門家がパネリストとして参加、現状と課題について話し合った。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ