世界日報 Web版

エゾシカネット、森と人との共存共生目指す


エゾシカネット、森と人との共存共生目指す

北海道当別町「道民の森」でエゾシカに関わる学習会

 推定60万頭以上が生息するとされる北海道のエゾシカ。農作物や線路内侵入など依然としてエゾシカによる被害は後を絶たない。そうした中でNPO法人エゾシカネットはエゾシカ肉の普及啓蒙(けいもう)に併せて毎年、子供たちを対象にした親子参加の自然体験学習を企画。今年も10月10日、石狩管内当別町にある「道民の森」でエゾシカに関わる学習会や森の散策、植樹などを行った。(札幌支局・湯朝 肇)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ