世界日報 Web版

夏ボラ体験は生徒・高校・NPOも3者に利益


夏ボラ体験は生徒・高校・NPOも3者に利益

「杜の伝言板ゆるる」が報告、58%が社会貢献できたと実感

 宮城県を中心としたボランティアおよびNPO活動に関わる情報の収集および提供を行っているNPO法人「杜(もり)の伝言板ゆるる」(仙台市)は平成15年以降、高校生が夏休みにボランティアを体験する「NPOで高校生の夏ボラ体験」(実行委員会主催)を実施。これまで参加した高校生(OBも含む)と送り出した高校、受け入れたNPOの声をまとめ、このほど報告書を作成。3者にとって「Win―Win―Winのプログラムだった」としている。(市原幸彦)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ