世界日報 Web版

山形県最上地域、若者定着の成果を全国の見本に


山形県最上地域、若者定着の成果を全国の見本に

「新庄・最上ジモト大学」、地元の大人と考える地域課題

 全国の地方都市の若者の流出が止まらない中、山形県最上地域は高校生が輝いている地元の大人と出会い、一緒に地域課題の解決策を考える「新庄・最上ジモト大学」を平成29年度に始めた。若者定着・人材確保の取り組みであるこの事業は成果が出始め、日本各地でもこれをモデルケースとする動きが出てきている。(市原幸彦)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ