世界日報 Web版

サンゴ礁の危機、サンゴを「白化」から守ろう


サンゴ礁の危機、サンゴを「白化」から守ろう

沖縄科学技術大学院大学の佐藤矩行教授がウェブ講義

 サンゴ礁は熱帯雨林と並び、地球上で最も生物多様性に富む場所とされている。ところが、近年の海水温の上昇、海水の酸性化、オニヒトデの異常増殖などの環境悪化によって、世界中のサンゴ礁の存続が危機に瀕(ひん)している。

 こうした背景から、OISTのマリンゲノムユニットは2008年にサンゴのゲノム解読の研究を開始し、11年にはサンゴゲノムの解読に成功。1998年の世界的な大規模白化現象により激減したミドリイシ属サンゴの一種、コユビミドリイシの全ゲノム解読を行った。引き続き、2016年には世界で初めて、サンゴの遺伝子機能を解析するなど、順調に成果を上げている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ