世界日報 Web版

テーマは「オリジナル幾多郎ノートをつくろう」


テーマは「オリジナル幾多郎ノートをつくろう」

石川県西田幾多郎記念哲学館でモノづくりワークショップ

 今年、生誕150周年を記念して、石川県西田幾多郎記念哲学館では、「オリジナル幾多郎ノートをつくろう」をテーマに、ワークショップが開かれた。開催中の企画展「発見!!幾多郎ノート」に合わせて、5年前に見つかった西田のノートのレプリカを作る催しだ。同館では西田哲学についての講演会や研究会が開かれることは多いが、モノづくりのワークショップは今回が初めて。今月8日、9日の2日間開かれた3回の講習には小学生から社会人、主婦ら15人が参加し、本物そっくりの汚れや傷みを付けたレプリカの制作を楽しんだ。(日下一彦)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ