世界日報 Web版

広がるJリーグ「ベガルタ仙台」のエコ活動


広がるJリーグ「ベガルタ仙台」のエコ活動

ごみの分別で減量化に取り組む、一般のイベントにも拡大

 宮城県仙台市をホームタウンとするプロサッカーチーム・ベガルタ仙台は、ごみの分別を通じて減量化に積極的に取り組んできた。他のJリーグチームにとどまらず、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスなど他のスポーツ団体にも影響を与えている。仙台市では一般団体へのエコステーションキットの無料貸し出しを行い、一般のイベントにも拡大。ごみ減量・リサイクルを支援している。ボランティア育成や子供のエコ教育にもつながる。(伊藤志郎)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ