世界日報 Web版

増え続ける「いじめ」の病理現象


根本 和雄

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

 全国の小中高などが2018年度に認知した「いじめ」は、前年度比12万9555件(31%)増の54万3933件で過去最多と最悪の状況で、深刻な社会問題である(文部科学省・10月17日公表)。加えて、いじめ防止対策推進法に定める「重大事態」も同128件(27%)増の602件と最も多かった。また、学校が把握した18年度の自殺者は332人(同82人増)で、内9人(中学3、高校6)は、いじめを苦に自殺している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ