世界日報 Web版

地域づくりの核、民俗伝統芸能の振興・継承を


地域づくりの核、民俗伝統芸能の振興・継承を

実演と継承の意義について、道教委が小樽市でシンポジウム

 本州の他府県に比べると歴史の浅い北海道であっても地域の中に伝統芸能はしっかりと息づいている。人口減少や少子高齢化が進む地方にあって伝統芸能は地域づくりの核になると北海道教育委員会はこのほど、「ほっかいどう民俗芸能伝承フォーラム」を開催し、地域に根付く伝統芸能の実演と継承の意義などについて話し合うシンポジウムを行った。(札幌支局・湯朝 肇)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ