世界日報 Web版

ストレス多い教育現場 コミュニケーション能力を磨こう


 神戸市須磨区の小学校で、教員による同僚教員への“いじめ”事件はマスコミで大きく取り上げられ、同学校に通う児童にも精神的ダメージを与える、大変痛ましいものとなった。「“いじめ”という段階ではなく、傷害罪だ」「教師という以前に人間としての問題だ」「あきれてものも言えない」「教員免許の取り消しだ」教育関係者だけでなく、さまざまな人が意見を述べている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ