世界日報 Web版

Date archive for 2021

日本びいきの脱北者 ー韓国から

 15年来の友人とソウルで久しぶりに会った。もともと彼は日本生まれで中学2年まで関西で育った在日朝鮮人だったが、「帰国事業」で組織の幹部だった親戚に連れられ北朝鮮に渡った。そこで大学を出て就職した後、結婚して子供ももうけ…

続き

岸田内閣発足 日韓改善なお韓国次第

顧みぬ文政権の反日 元挺身隊訴訟 「半年内の現金化」案浮上 票にならず様子見も  2011年12月17日に北朝鮮の金正日総書記が死去し、三男・正恩氏が最高指導者の地位を後継してから間もなく10年となる。大方の予想を覆し、…

続き

各党代表質問 台湾重視だが矛盾隠せぬ立民

 衆院本会議で岸田文雄首相の初の所信表明に対する各党代表質問が始まり、立憲民主党の枝野幸男代表、自民党の甘利明幹事長らが質問に立った。14日の衆院解散を前に今国会では最初で最後の論戦であり、選挙遊説を先行したような国民へ…

続き

人間国宝の柳家小三治さん

落語家で人間国宝(重要無形文化財)の柳家小三治さんが亡くなった。81歳だった。リウマチ、糖尿病に加え、2017年には変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)の大手術を受けるなど、体は決して丈夫でなかったが、病躯(びょう…

続き

【動画】北が南に「反日指令」韓国の過激地下組織に

 韓国で北朝鮮の指令を受けて反日活動をしていた組織が摘発された。韓国社会の反日感情を利用し、「日米韓同盟の破綻を図れ」として、日韓だけでなく日米関係も離間させようとしていた。彼らが引き入れた人員は60人に及び、中には社会…

続き

奥田雄太氏が描く「感謝の花」、NYで展示会

コロナを機に作風が転換、「晴れやかな気持ちにさせたい」  花に込めた感謝の思いを感じて-。昨年深刻な新型コロナウイルス禍に見舞われた米ニューヨークで、画家奥田雄太氏(34)=神奈川県在住=の作品展示会が今月始まった。以前…

続き

サッカーW杯予選、日本に立ちはだかる「同志」

サッカーW杯予選、日本に立ちはだかる「同志」

元豪代表ケーヒル氏が展望、両チームのW杯出場に期待  サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選を戦う日本代表は、12日に埼玉スタジアムでオーストラリアとの第4戦を控える。宿敵とアジア最終予選で…

続き

投手大谷翔平が仕掛けた盗塁、走塁も積極果敢

投手大谷翔平が仕掛けた盗塁、走塁も積極果敢

本盗も決めるなど26盗塁、「何でもできる」理想の選手へ  豪快な打撃や投球に目を奪われがちだが、エンゼルスの大谷は走塁の能力もたけている。今季は本盗も決めるなど、自己最多の26盗塁(ア・リーグ5位)をマーク。ガイエゴ・ベ…

続き

内閣府が世論調査、農業遺産「知らない」62%

内閣府が世論調査、農業遺産「知らない」62%

75%は「行ってみたい」、農水省が広報活動を強化へ  内閣府は8日、重要で伝統的な農林水産業を営む地域を認定する「農業遺産」に関する世論調査結果を公表した。農業遺産を「知っていた」と回答した割合が37・1%だったのに対し…

続き

徳島・吉野川に世界58ヵ国から版画作品1800点

「アワガミ国際ミニプリント展2021」、阿波和紙を啓蒙  1300年の歴史を持つ良質の和紙で徳島県の特産品「阿波和紙」の啓蒙と継承を目的とした「アワガミ国際ミニプリント展2021」(主催:一般財団法人阿波和紙伝統産業会館…

続き

近江克仁、アメフット日本人初のNFLへ挑戦

近江克仁、アメフット日本人初のNFLへ挑戦

日本代表主将として活躍、評価テストに招待「あと2歩」  日本人初の米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)入りへ、前進している選手がいる。昨年、日本代表で主将を務めたWRの近江克仁(25)。海外の人材発掘を目的として1…

続き

慶応大学の正木智也外野手、魅力は尽きぬ向上心

大学球界屈指の大砲、「変わる勇気」高めの球を徹底対策  今春の東京六大学リーグと全日本大学選手権を制した慶大で、堂々と4番に座る正木智也外野手(21)。即戦力の右の大砲候補は、飽くなき向上心も魅力の一つだ。  神奈川・慶…

続き

注目集まる明桜高の風間球打、1位重複あるか

最速157キロの本格派、変化球の精度に課題も伸びしろ十分  今夏の全国高校野球選手権で、大器の片りんを見せた最速157キロ右腕の風間球打投手(秋田・明桜高)。高校入学前に掲げた目標が「プロ野球選手」で、夢の扉が開く瞬間が…

続き

オリパラのボランティアへの感謝イベントが開催

オリパラのボランティアへの感謝イベントが開催

「多様性の輪広げて」、多くの選手から感謝のメッセージ  今夏開かれた東京五輪パラリンピックのボランティアに感謝するイベントが9日、オンラインで行われた。主催は一般財団法人日本財団ボランティアサポートセンターなど。  大会…

続き

「縄文2021-東京に生きた縄文人-」展開催

「縄文2021-東京に生きた縄文人-」展開催

江戸東京博物館で、100点以上の多彩な土偶などを展示  「多摩ニュータウンのビーナス」と称される土偶-。東京の縄文人の暮らしに焦点を当てた特別展「縄文2021-東京に生きた縄文人-」が9日から、墨田区の東京都江戸東京博物…

続き

講演するITビジネスアナリストの深田萌絵さん= 10日午後、東京都千代田区の星陵会館(石井孝秀撮影)講演するITビジネスアナリストの深田萌絵さん= 10日午後、東京都千代田区の星陵会館(石井孝秀撮影)

「日本ではスパイ合法」スパイ防止法制定を訴え・東京

 中国などへの情報流出を阻止するため、スパイ防止法の早期制定を求める集会(主催・英霊の名誉を守り顕彰する会)が10日、東京都千代田区の星陵会館で開かれた。4人の講師が登壇し、スパイ活動に対し脆弱な日本の状況やスパイ防止法…

続き

ホンダが感謝の印、限定色で「ありがとう」

F1参戦最終年、ファンへの感謝を込めトルコGPに臨む  今季限りでF1活動を終えるホンダは、ファンへの感謝を込めたカラーリングを施したマシンで、第16戦トルコ・グランプリ(GP)に臨む。  同GPが開催される8~10日は…

続き

岸田首相、国民との「車座対話」がスタート

岸田首相、国民との「車座対話」がスタート

初回は都立墨東病院関係者と、コロナ対策など対話  岸田文雄首相は9日、新型コロナウイルス対応に当たる東京都墨田区の都立墨東病院(足立健介院長)を視察し、所信表明演説で打ち出した国民との「車座対話」の初回としてスタッフから…

続き

「危険」になった好打者、大谷翔平の進化

「危険」になった好打者、大谷翔平の進化

打率を求めず本塁打を狙う、弾道を上げアーチ量産46本に  米大リーグの本塁打王をシーズン終盤まで争った。エンゼルスの大谷は、日本選手初の快挙こそ逃したものの、夏場までタイトル争いをリードして46本をマーク。メジャー1年目…

続き

欧米諸国、貧困層支援へ「現金空輸」を検討

欧米諸国、貧困層支援へ「現金空輸」を検討

アフガンの飢餓深刻化で、タリバンに関与させず配布へ  イスラム主義組織タリバンが実権を掌握したアフガニスタンで生活苦にあえぐ貧困層支援のため、現金を空輸し、タリバンを通さずに人々に直接配る計画が欧米諸国の間で極秘に検討さ…

続き

小野田寛郎少尉が生きた時間をじっくり描く

小野田寛郎少尉が生きた時間をじっくり描く

「ONODA 一万夜を越えて」、カンヌ映画祭でも上映  終戦を知らずに30年間フィリピン・ルバング島のジャングルで戦い続けた小野田寛郎さんの実話を基にした映画「ONODA 一万夜を越えて」。今年のカンヌ国際映画祭「ある視…

続き

中国政府 新児童発展綱要から「言語尊重」表記を削除

少数民族同化 深刻化の恐れ  中国の国務院(内閣に相当)が新たに発表した教育に関する綱要で、少数民族の子供が民族の言語で学ぶ権利を「尊重・保障する」といった従来の表現が削除されていたことが、このほど分かった。中国政府が少…

続き

台北駐日経済文化代表処代表 謝長廷氏

【中華民国双十節】台日の友好関係 次の100年も発展へ

台北駐日経済文化代表処代表 謝 長廷  中華民国は今年、建国110周年を迎えます。辛亥革命以来、百年以上にわたる人々の努力により、台湾の民主主義制度は定着し、世界の民主主義陣営の一員として、インド太平洋地域の平和と安定、…

続き