世界日報 Web版

Date archive for 2021

日本のバレエ界を牽引、牧阿佐美さんが死去

大腸がんのため87歳で死去、著名なダンサーを育てる  舞踊家、指導者として日本のバレエ界を長年けん引した牧阿佐美(まき・あさみ、本名福田阿佐美=ふくだ・あさみ)さんが20日午前11時35分、大腸がんのため東京都内の自宅で…

続き

ノーベル賞受賞者の大村さん、両親の銅像を建立

感性を育てた両親に感謝、深い愛情と人格そのものを表現  2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した大村智さんの両親、大村恵男・文子夫妻(共に故人)の銅像の除幕式が20日、大村さんの故郷である山梨県韮崎市で行われた。銅像は…

続き

【社説】安保政策 抑止力強化へ論戦深めよ

日本を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中、衆院選では外交・安保政策も重要なテーマとなる。各党は抑止力強化のための政策を競ってほしい。 国家戦略改定掲げる自民  自民党は公約で「『毅然とした日本外交の展開』と『国防力』の…

続き

【上昇気流】ガソリン価格の高騰

緊急事態宣言が解除されたので新東名高速道路を使って車で実家に帰った。週明けだったからか、トラック軍団に遭遇した。途切れることなく整然と走っていく。小型車に乗っていると、ビルの谷間にいる気分だ。 もう一つ驚いたのは、サービ…

続き

演説後、聴衆とグータッチする候補者(左)=19日、沖縄県那覇市

【沖縄1区】支持母体が大揺れの共産

 ’21衆院選 注目区を行く(1) 「必ずこの1区でオール沖縄の議席を守る。辺野古新基地建設は不可能だ。無条件に撤去させよう」  共産党の赤嶺政賢は公示日の19日朝、沖縄県庁前でこう訴えた。コロナ禍で外出を控える高齢者が…

続き

「公明」投書に共産批判、デマチラシにあぜん

読者怒らせた赤旗号外 10万円給付金「実現」に  公明党の機関誌「公明」11月号の「読者の広場」に「共産党のデマチラシにあぜん」という投書が載った。東京都内30歳の会社員が、家のポストに入っていた共産党の宣伝チラシに「公…

続き

「立憲民主」“初閣議”公約を掲げる

「立憲民主」“初閣議”公約を掲げる

もし政権取らば報復政治、共産との溝埋める“モリカケ”  衆院選挙に入り政党機関紙は選挙一色の遊説通りの内容だ。自民党が岸田文雄新総裁を選出し、岸田内閣が発足して間もなく解散。週刊の同党機関紙「自由民主」(11・2)は「岸…

続き

快進撃が続く最強の棋士・藤井聡太三冠

デジタルとアナログの思考を融合  藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖)の快進撃が続いている。19歳のいまだ底を見せない強さは驚きをもって見られている。  現在、第34期竜王戦七番勝負が行われている。挑戦者としての藤井三冠が先…

続き

西洋モダンアートの影の立役者は日本?

西洋モダンアートの影の立役者は日本?

現代美術の主導権握ったNY、戦禍の弾圧を避け集中  戦後の現代美術の主導権を握ったのはニューヨークだった。フランス発のアンフォルメルも、やがてアメリカの抽象表現主義に取って代わられ、戦時中に戦禍の弾圧を避けるために渡米し…

続き

計算速度ランキング、「富岳」が3期連続世界一

《Sunday》ノーベル物理学賞に真鍋淑郎氏 新分野·地球科学で快挙

2021年10月17日(日) ノーベル物理学賞に真鍋淑郎氏 新分野·地球科学で快挙  スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2021年のノーベル物理学賞を、コンピューターを使った地球温暖化などの予測手法を確立した米プリン…

続き

ユニクロ東京本部前で新疆綿の使用停止を訴える人々=22日午後、東京・赤坂(辻本奈緒子撮影)

「新疆綿」使用停止を ユニクロ本部前で抗議

 中国のウイグル人に対する強制労働が疑われている問題で、衣料品ブランド「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングに対し新疆ウイグル自治区産の「新疆綿」の使用停止などを求める抗議行動が22日、港区の同社東京本部前で行…

続き

台湾の外交トップ呉釗燮氏、欧州行きを発表

台湾の外交トップ呉釗燮氏、欧州行きを発表

東欧のスロバキアとチェコを歴訪、講演や会談の予定  台湾外交部(外務省)は21日、呉釗燮外交部長(外相)が月内に東欧のスロバキアとチェコを歴訪すると発表した。スロバキアでは現地のシンクタンクが26日に主催するシンポジウム…

続き

インド、コロナワクチン接種が10億回超える

インド、コロナワクチン接種が10億回超える

国中でお祝いも、「2回の接種完了」は成人人口の3割  5月に新型コロナウイルスに1日最大40万人以上が感染していたインドで21日、コロナワクチン接種が10億回を超えた。「日本の5倍だ」(インド紙ヒンドゥスタン・タイムズ)…

続き

初の先住民マオリ系女性、NZ新総督に就任

初の先住民マオリ系女性、NZ新総督に就任

シンディ・キロ氏「多様性ある文化や宗教を祝福する」  ニュージーランド(NZ)で21日、国家元首のエリザベス英女王に代わって役目を果たす総督にシンディ・キロ氏が就任した。NZの総督に先住民マオリ系の女性が就いたのは初めて…

続き

小型荷物入ります、投函口の大きい新型ポスト

小型荷物入ります、投函口の大きい新型ポスト

日本郵便が設置、電子商取引やフリーマーケットの拡大で    日本郵便は18日、投函(とうかん)口を大きくして小型の荷物を入れやすくした新型の郵便ポストを品川郵便局(東京)に設置した。電子商取引やフリーマーケットの拡大で衣…

続き

エリザベス女王が登場? 本物そっくりの蝋人形

エリザベス女王が登場? 本物そっくりの蝋人形

マダム・タッソー館の新作、英西部の通りでお披露目  英西部ブラックプールの通りに14日、エリザベス女王が馬車で優雅に登場?  実はこれ、世界の著名人の精巧なろう人形で知られるマダム・タッソー館の新作。ろう人形館での展示を…

続き

反田恭平さん、ショパン・コンクールで2位に

「すべてが実った瞬間」、体格や髪形も自己プロデュース  第18回ショパン国際ピアノコンクールで2位になった反田恭平さんは、受賞発表直後の21日未明、日本メディアの取材に応じ、これまでの努力の「すべてが実った瞬間だった」と…

続き

小林愛実さん、4位入賞に「素直にうれしい」

入賞逃した前回を上回る、目指す音楽を「ぶれずに追求」  第18回ショパン国際ピアノコンクールで4位に入った小林愛実さんは、受賞発表から一夜明けた21日、日本のメディアの取材に応じた。本選に進みながら入賞を逃した2015年…

続き

軽井沢バス事故、運行会社社長ら無罪を主張

軽井沢バス事故、運行会社社長ら無罪を主張

予見可能性を否定、「事故を起こすとは思わなかった」  長野県軽井沢町で2016年1月、大学生ら15人が死亡し、26人が負傷したスキーバス転落事故で、業務上過失致死傷罪に問われた運行会社「イーエスピー」(東京)の社長高橋美…

続き

参院選買収事件、河井克行元法相の実刑が確定

控訴を取り下げ、懲役3年、追徴金130万円の判決が確定  2019年参院選をめぐる大型買収事件で公選法違反(買収、事前運動)罪に問われ、一審で実刑判決を受けた元法相で元衆院議員の河井克行被告(58)は21日、控訴を取り下…

続き

児童のメッセージ付きマスクを村の全世帯に配布

山梨県小菅村で、ワクチン接種完了後も感染対策の徹底を  山梨県小菅村は、新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛ける小学生のメッセージを添えたマスクを全世帯に配った。ワクチン接種が2回完了しても、マスク着用など対策の継続が必…

続き

【上昇気流】売れ残った魚はどうするのか

スーパーの鮮魚売り場へ閉店間近に行くと、あの売れ残った魚はどうするのだろうと気になっていた。先日地方のスーパーに入って、メジナが並んでいるのが目に留まった。釣りの対象としては人気の魚だが、食用としてはあまり人気がない。翌…

続き

【社説】北ミサイル発射 核強国への道歩ませるな

北朝鮮がまたしてもミサイルを発射した。今回は2発とみられ、そのうち1発は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と推定される短距離弾道ミサイルで、東部の咸鏡南道・新浦の沖から日本海に向け発射された。変則的な軌道を描きながら高度…

続き