世界日報 Web版

Date archive for 6月, 2021

人口と文明を考える

哲学者 小林 道憲 21世紀は「流民の世紀」に 中心と周辺が逆転する可能性  人口減少は、今日の先進国の悩みの一つである。欧米諸国でも、日本でも、出生率は年々減少し、このまま出生率の減少が続けば、先進国の人口は、今世紀の…

続き

上皇后陛下ゆかりの木が笛に

出身幼稚園の記念樹再生 東京  上皇后陛下(86)が幼少時に通われた大和郷幼稚園(東京都文京区)で今月、園舎の改築に伴い、上皇后陛下ゆかりの樹齢48年のクスノキが伐採された。クスノキは木の笛「コカリナ」に生まれ変わって園…

続き

新型コロナ ワクチン体験記 朝5時に「予約なし」で接種

 今月20日、ツイッターで大規模接種の「当日受付」があるらしいことを知った。それを偶然発見したのは大規模接種の予約サイトのキャンセル待ちを数時間も挑戦し続け、疲れ果てたときだった。  当日受付とは、公式に発表されている情…

続き

中国公船が領海侵入 沖縄・尖閣沖

国境警報 日本海上空 露SU25攻撃機初確認  沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で26日、中国海警局の「海警」4隻が、日本の領海に侵入し、操業中の日本漁船に接近した。海上保安庁の巡視船が漁船の安全を確保し、領海から出るよう警告し…

続き

「枝野首班」担ぐ政権枠組みの明確化を求めた「日曜討論」国民・榛葉氏

◆野党の政権への覚悟  選挙イヤーの今年、東京都議会選挙が告示されたことにより、いよいよ衆院選挙まで続く各党の政治決戦が本格的に幕を開けた。新型コロナウイルス感染、ワクチン接種をはじめとした諸々(もろもろ)の対策、7月2…

続き

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」 DeSantis positioned as GOP ‘rock star’

 ロン・デサンティス米フロリダ州知事は、ツイッターでかんしゃくを起こさないドナルド・トランプのような存在になりつつある。  トランプ大統領による激動の4年間を経て、共和党の支持者たちは党の将来を議論している最中だが、洗練…

続き

「40年超原発」の関電美浜3号機、再稼働へ

美浜3号機再稼働、電力の安定供給につなげたい

 関西電力は運転開始から40年を超える美浜原発3号機(福井県美浜町)を再稼働させた。営業運転の開始は7月27日を予定している。40年超原発の活用を電力の安定供給につなげたい。  40年超運転は事故後初  東京電力福島第1…

続き

新型コロナウイルス禍でなくても、梅雨の時期…

 新型コロナウイルス禍でなくても、梅雨の時期は外出しないで家にこもっていることが多い。気分転換に昔の本を読み返してみると、示唆に富むものがある。  樋口清之著『自然と日本人』(講談社文庫)には、自然に逆らうのではなく、そ…

続き

安定的な皇位継承の在り方を検討する有識者会議=6月16日午後、首相官邸

《Sunday》皇室の伝統を守り抜く -安定的な皇位継承の在り方-

2021年6月27日(日) 皇室の伝統を守り抜く -安定的な皇位継承の在り方-  安定的な皇位継承をどう確保するか――。日本にとって、この重大課題を検討する政府の有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾長)はこのほど、専門家な…

続き

中台分断後初めて中国を公式訪問した台湾の江丙坤・国民党副主席(左)と握手する共産党幹部の賈慶林・人民政治協商会議(政協)主席(いずれも当時)=2005年3月、北京(AFP時事)

抗日戦、歴史認識で残る溝 譲らぬ正当性、打算の「和解」

中国共産党100年 中国共産党と台湾国民党、内戦から75年  【台北時事】7月に創立100年を迎える中国共産党と、現在台湾最大野党の国民党は、75年前の1946年6月26日、当時の中国大陸で全面的な内戦に突入した。敗れた…

続き

米MSの新OS「ウィンドウズ11」がベール脱ぐ

米MSの新OS 「ウィンドウズ11」 がベール脱ぐ

アプリ充実へ積極策、開発者に配慮しIT大手批判にも対応  米マイクロソフト(MS)の新たな基本ソフト(OS)「ウィンドウズ11」が24日、ベールを脱いだ。画面上の操作性改善を図ったほか、スマートフォンで人気がある多様なア…

続き

「ひどい雷雨かと」、マンションが崩落し死者4人

「ひどい雷雨かと」、マンションが崩落し死者4人

24日に米フロリダ州で、安否不明者159人の捜索が続く  米南部フロリダ州マイアミ近郊サーフサイドで起きたマンション崩落で、当局は25日、捜索活動を続けた。これまでに少なくとも4人が死亡。当時、マンションに何人いたかは分…

続き

中国共産党と台湾国民党、内戦から75年も残る溝

中国共産党と台湾国民党、内戦から75年も残る溝

抗日戦をめぐる歴史認識で対立が続く、打算の「和解」も  7月に創立100年を迎える中国共産党と、現在台湾最大野党の国民党は、75年前の1946年6月26日、当時の中国大陸で全面的な内戦に突入した。敗れた国民党は台湾に逃れ…

続き

巨人の岡本和真が豪快に20号、さらなる量産へ

巨人の岡本和真が豪快に20号、さらなる量産へ

重圧糧に4年連続の大台を達成、主砲もチームも止まれない  打球が直撃したバックスクリーンから、重い衝突音が響いた。巨人の岡本和が、三回にリードを5点に広げる3ラン。「いい手応えだった。追加点が取れてよかった」。チームに貢…

続き

イランで大統領選を実施、8年ぶりの政権交代か

インド海軍が洋上でヨガ、身も心も晴れ晴れ?

アラビア海と紅海を結ぶアデン湾で、国際ヨガの日を記念  21日、国際ヨガの日を記念して、海上を進むフリゲート艦の甲板に集まってポーズを取るインド海軍の乗組員。インド国防省が写真を公表した。  場所はアラビア海と紅海を結ぶ…

続き

多田修平が勢いそのままに、最速の称号をつかむ

多田修平が勢いそのままに、最速の称号をつかむ

修正重ね長い不振から脱却、引き立て役から堂々の主役に  東京五輪代表3枠を懸けた一発勝負の男子100メートル決勝。これまで脇役に甘んじてきた多田が、今季の勢いそのままに初めて日本最速の称号をつかんだ。  視線を下げたまま…

続き

都議選告示で有権者「観光苦しい」「通常営業を」

都議選告示で有権者「観光苦しい」「通常営業を」

コロナ禍で苦境、支援策を要望、有権者は各党の訴えに注目  新型コロナウイルス対策や東京五輪への対応などが争点となる東京都議選が25日、告示された。コロナ禍で落ち込んだ経済の回復や子育て支援など都政の課題は山積しており、有…

続き

薬物乱用で議論、「ダメ。ゼッタイ。」は駄目?

薬物乱用で議論、「ダメ。ゼッタイ。」は駄目?

標語が回復を妨げる? 「予防に効果」「治療へ悪影響」  「ダメ。ゼッタイ。」。薬物乱用防止を呼び掛け30年以上使われてきたこの標語をめぐり、依存症患者の回復を妨げるのではないかとの議論が、厚生労働省の検討会で交わされた。…

続き

夏の風物詩で涼を呼ぶ、江戸の「つりしのぶ」

夏の風物詩で涼を呼ぶ、江戸の「つりしのぶ」

江戸川区の「萬園」で最盛期、軒先などにつるして楽しむ  軒先などにつるして涼感を楽しむ園芸品「つりしのぶ」の出荷が、東京都江戸川区の「萬園」で最盛期を迎えている。  「つりしのぶ」は江戸時代から続く日本の古典園芸。竹など…

続き

海保第11管区、パネル展で海洋環境保全を啓蒙

海保第11管区、パネル展で海洋環境保全を啓蒙

24日から豊見城市の道の駅「豊崎」情報ステーションで  6月は海上保安庁が定める「海洋環境保全推進月間」。同庁の第11管区海上保安部(那覇市)は、糸満市の道の駅「いとまん」情報館で、海洋環境保全をテーマにしたパネル展を2…

続き

モンゴル大統領に就任したモンゴル人民党のフレルスフ氏=5月24日、ウランバートル(AFP時事)

フレルスフ新大統領が就任―モンゴル

コロナ禍のパレードで批判も  9日のモンゴル大統領選で当選したオフナー・フレルスフ大統領(53)の就任式が25日、首都ウランバートルの政府庁舎で行われた。政権与党と同じ人民党所属の大統領となるが、新型コロナウイルスの感染…

続き

16日、ジュネーブで、握手するロシアのプーチン大統領(左)とバイデン米大統領(中央)(AFP時事)

バイデン初外遊 中国とロシアの接近に備えよ

 バイデン米大統領は1月20日に就任後、初めて外国を訪問。コロナ禍対応に余儀なくされたこともあり、大統領就任5カ月目であった。初外遊を前に、中国、ロシアの顕著な連携強化がみられた。中国とロシアの関係はこれまで「便宜的なパ…

続き

中央公論

米国の「キャンセル・カルチャー」が日本に上陸

批判理論が不寛容を煽る、自ら「性的少数者」と見なす若者  米国で今、個人や組織の問題行動や発言を取り上げて、解雇や企業の製品をボイコットするばかりか、社会的な“抹殺”もためらわない不寛容の風潮が強まっている。  この動き…

続き