世界日報 Web版

Date archive for 2月, 2021

ホワイトハウスはグリーン一色 Painting the White House green

 野心と指導力とは切っても切り離せないものだ。そういうわけで、米国人は、高位の役職に座るものとして選んだ者たちには、大胆な計画を携えて仕事を始めてほしいと期待する。バイデン大統領は時を移さず、気候変動問題の解決のための思…

続き

過酷な女子マラソン!――1月31日に行われた…

 過酷な女子マラソン!――1月31日に行われた大阪国際女子マラソンをテレビ観戦し、そう思ったし感動もした。「日本記録更新」を公言していた五輪代表の一山麻緒選手。独走態勢の終盤は自分との戦いになり1位でテープを切ったが、惜…

続き

再開発で消えた人情横丁ー 韓国から

地球だより  韓国版新幹線「KTX」の発着駅もあるソウル市内の再開発地区に移転してきた新聞社を知人の案内で見学させてもらった。ここは筆者が十数年前、特派員生活をスタートさせた時に社内に事務所を間借りした縁もあり、古い付き…

続き

ナゴルノカラバフ紛争の“教訓”

日本対外文化協会理事 中澤 孝之 勝敗決めた軍用ドローン 「攻撃型」導入に本腰入れる露  旧ソ連構成共和国のアルメニアとアゼルバイジャンは昨年9月27日から1カ月半近く、アゼルバイジャン領内のナゴルノカラバフ自治州をめぐ…

続き

「慰安婦」解決を妨害か 韓国女性団体

日本賠償判決へ判事に圧力  いわゆる従軍慰安婦問題の解決が一向に進まない背景に女性団体の妨害活動があるという主張が韓国で公然となされ始めた。団体の幹部たちは問題解決を心底願っているのではなく、むしろ遅らせることで自分たち…

続き

WHO武漢調査、発生源解明に中国は協力せよ

 新型コロナウイルスの発生源解明のため、中国湖北省武漢市入りしていた世界保健機関(WHO)の国際調査団が調査を開始し、最初に集団感染が確認されたとされる華南海鮮市場を視察した。中国はWHOの調査を長い間拒んできたが、発生…

続き

OIST、コロナ禍乗り越え4ヵ月遅れの入学式

OIST、コロナ禍乗り越え4ヵ月遅れの入学式

18ヵ国・地域から過去最多の62人、応募数1126人の狭き門  沖縄科学技術大学院大学(OIST)は1月15日、第9期生の入学式を沖縄県恩納村のキャンパス内で行った。日本国内では珍しく9月入学を採っているが、今年はコロナ…

続き

親の顔を知る幸せ、恵まれた境遇に感謝

 昨年夏、父を亡くした。大正15年生まれ、93歳だった。脳梗塞を患っていた父を、東北にある実家近くの病院に見舞ったのは昨年の今ごろだった。以来、父の顔を見ることはなかった。  死に顔を拝むこともできなかった。コロナ禍だと…

続き

的外れの非科学的な世論調査に禁じ手の巧妙な「罠」を仕掛ける朝日

◆アナウンス効果利用  産経とFNN(フジニュースネットワーク)が世論調査を再開させた。昨年、データの不正入力問題で謝罪、休止に追い込まれた。不正防止策を徹底して約半年ぶりに始めたという(1月26日付)。  その菅内閣の…

続き

今年は二十四節気の立春が3日、その前日の…

 今年は二十四節気の立春が3日、その前日のきょうは節分である。節分が2日となるのは明治30(1897)年以来の124年ぶり。どうして? という疑問に答えるのに、天文学の計算が出てくるのである。  二十四節気は1年を24等…

続き

北朝鮮の原潜開発計画に思う

元統幕議長 杉山 蕃 周辺海域の監視網強化を 検討すべき対艦艇原潜の保有  北朝鮮の金正恩総書記は1月8日行われた第8回党大会で、戦略核兵器の一層の充実を謳(うた)い上げ、5年後には、潜水艦発射弾道弾(SLBM)搭載の原…

続き

EU外相理、日本は中国念頭に協力進めよ

 茂木敏充外相は欧州連合(EU)の外相理事会にオンライン形式で出席し、軍事、経済両面で影響力を強める中国をにらんで日本が推進する「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」構想の実現に向けた連携を呼び掛けた。  欧州は、日…

続き

共産党結党100年を迎える中国の脅威・リスクを特集したエコノミスト

◆「人質」にされる外資  米国では1月21日、バイデン新大統領が就任した。トランプ前大統領の時代に悪化した米中関係の軋轢(あつれき)は、新大統領になっても当分続くと見られている。とりわけ、今年は中国共産党100年の節目を…

続き

新型コロナウイルスのワクチン接種が高齢者…

 新型コロナウイルスのワクチン接種が高齢者向けに4月にも始まるが、集団接種を想定した規模の初の訓練が川崎市の市立看護短期大学の体育館で行われた。  「接種希望者役」約20人を含め医師や看護師ら計約60人が参加し、緊張した…

続き