世界日報 Web版

Date archive for 7月, 2020

新型コロナ、紛争地域で拡大か Coronavirus finds welcome host in world’s war zones

 世界の新型コロナウイルス感染者が22日、1500万人を超える中、紛争地域で見えない脅威が進行している。専門家らはこれらの地域での新型コロナの被害は、破滅的な規模になる可能性があると警告した。  国連のリーダー、医療活動…

続き

トルコ・イスタンブールのアヤソフィアは…

 トルコ・イスタンブールのアヤソフィアは、東ローマ帝国時代の537年に建てられたキリスト教(正教会)の大聖堂である。1453年にオスマン・トルコに征服されてからはイスラム教のモスクとなったが、帝国崩壊後、トルコ共和国を建…

続き

千曲市長 岡田昭雄(おかだ・あきお)-昭和26年、千曲市生まれ。昭和45年4月、更埴市職員採用。総務部秘書広報課長、議会事務局長、総務部長、千曲市参与などを経て、平成24年11月千曲市市長に。現在2期目。

「令和元年東日本台風」被災から9カ月―千曲市長 岡田昭雄氏に聞く

インタビュー 千曲市長 岡田昭雄氏  2019年10月12日の台風19号による千曲市の被害は千曲市の歴史にとって忘れ難い爪痕を残した。あれから9カ月。復旧と併せて水害防止への取り組みについて、岡田昭雄・千曲市長に聞いた。…

続き

子供の外出制限でキッザニア閉鎖-フィリピンから

地球だより  フィリピンでは新型コロナウイルス対策の外出規制が徐々に緩和され、経済活動も再開し、街中に活気が戻ってきた。しかし依然として規制の直撃を受けている産業もある。  夜間外出禁止令はあるものの移動の規制が大幅に緩…

続き

中国の携帯アプリ削除を呼び掛けるインドの反中国デモ=6月30日、ニューデリー(AFP時事)

反中感情増すインド、米に傾斜

国境紛争で中国に辟易 米GAFAが積極投資に動く  新型コロナ禍で苦しむインドは、それにつけ込む形で北部国境に侵攻してきた中国に辟易(へきえき)し、対中関係のスタンスを変えようとしている。  かつては21世紀のIT(情報…

続き

22日、米ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領(UPI)

トランプ米大統領 中国公館追加閉鎖「あり得る」

NEWSクローズ・アップ 国務長官、知財窃盗非難 スパイ活動、FBIが捜査  トランプ米大統領は22日、南部テキサス州ヒューストンの中国総領事館閉鎖を命令したことに関し、他の在米公館についても「常に可能性がある」と述べ、…

続き

五輪まで1年 感染対策を徹底し準備万全に

 新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪開幕まで、あと1年となった。  新型コロナ収束の兆しはまだ見えないが、感染対策の徹底など開催に向けて万全の準備を整えるべきだ。 新型コロナで来年に延期  本来であればき…

続き

特攻隊で戦死した大尉の法事の日。僧侶の…

 特攻隊で戦死した大尉の法事の日。僧侶の読経中にメジロが飛来して、ガラス戸に当たって死んだ。僧侶は改めて、死んだメジロのために経を読んだ。  大仏次郎『敗戦日記』(昭和19年10月29日)に記述されている。大仏の実体験で…

続き

OKINAWA政治大学校名誉教授-西田健次郎

沖縄県議選の総括と提言

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎 12年前の「悪夢」が再現 明確にすべき外交・防衛の理念  伊是名島の後輩で、頭の切れがよく、政治理念がブレない有為な政治家、山川典二候補の再選を図るべく、筆者は老体に鞭(む…

続き

トランプ米大統領(右)と中国の習近平国家主席(AFP時事)

米中新冷戦の現実化に揺れる韓半島

韓国紙セゲイルボ 中国有利なら一層不安定に  米国と中国間の新冷戦が現実化している。両国が新型コロナ、香港、貿易、南シナ海、人権、サイバーなど全分野で衝突コースに突き進んでいる。  特に11月の米大統領選挙が近づいており…

続き

授業料減額勝ち取った母親たち-ブラジルから

地球だより  新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないブラジル。ほとんどの公立学校で今も全面休校が続いているが、私立学校の多くではグーグルクラスルームやズームなどのアプリを利用したリモート授業が行われている。  …

続き

米首都ワシントンにある連邦通信委員会(FCC)の本部(山崎洋介撮影)

トランプ政権 中国系番組の対米放送中止を

メキシコのラジオ局に命令 「抜け穴」利用認めず  トランプ米政権は先月下旬、中国政府による影響が懸念されるメキシコのラジオ放送局に対し、米国への放送を中止するよう命じた。同放送局は、中国政府の支配下にあるとされるメディア…

続き

海の日 海洋国自覚し現状直視を

 四方を海に囲まれた日本は、海からの恩恵を受け発展してきた海洋国家である。きょうは「海の日」。その恩恵に感謝し、海洋国家の自覚を新たにするとともに、海をめぐるさまざまな問題を考える日としたい。 挑発強める中国公船  夏の…

続き

米大統領 オレゴン州に、暴動対応で連邦職員派遣

地元民主党市長は反発  50日以上も暴力的な抗議デモが続く異常事態となっている米西部オレゴン州ポートランドに対し、トランプ米政権は法執行機関の職員を派遣して対応に乗り出した。  これについて、地元市長は「事態をエスカレー…

続き

観光業者の要望を無視して「GoTo」の延期を求める左派系3紙

◆二分された各紙論調  18日付読売「感染防止が最優先の課題だ」、朝日「立ち止まって見直しを」、産経「機動的な見直しが必要だ」、日経「経済再開は柔軟に加減速を」、21日付毎日「不安無視した見切り発車」、東京「延期を重ねて…

続き

公開中のフランス映画「グレース・オブ…

 公開中のフランス映画「グレース・オブ・ゴッド」は、本国ではヒューマンドラマとして絶賛され、91万人を動員する大ヒット作となった。ベルリン国際映画祭では銀熊賞(審査員グランプリ)に輝いた。  フランソワ・オゾン監督のこの…

続き

試験航行を行う空母「ジェラルド・フォード」(2017年4月、UPI)

米最新鋭空母 いまだ実戦に就けず

技術的問題、就役から3年  米海軍の最新鋭空母が、技術的問題とそれに伴う予算増に苦しんでいる。海軍への引き渡しから3年たつが、いまだ実戦配備のめどは立っていない。  原子力空母「ジェラルド・フォード」は2017年、離艦装…

続き

国連人権理事会の綱引き

ストップ中国的人権規範拡大  中国の人権問題は今年、新型コロナ情報統制や香港も加わり、一層“複合汚染”状況になった。先ごろ開かれた国連人権理事会(47理事国)では、中国批判派と支持派が厳しい共同声明合戦を展開した。世界の…

続き

GoToトラベル 感染防止策を徹底し柔軟に

 新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ観光事業を支援する「Go To トラベル」キャンペーンがきょうから始まる。感染の再拡大で東京都が対象から除外されたが、感染防止策を徹底して徐々に成果を上げていきたい。 キャンセル…

続き

元徴用工判決で原告支援者 資産現金化「年内難しい」

資産現金化「年内難しい」  元徴用工訴訟をめぐる一昨年の韓国大法院(最高裁)判決を受け、賠償命令を受けた新日鉄住金(現、日本製鉄)の韓国内資産に対する現金化が来月4日以降可能になる問題で、韓国の原告を支援する複数の関係者…

続き

玉城デニー沖縄県知事が政治団体の広告塔に?

玉城デニー沖縄県知事が政治団体の広告塔に?

 沖縄県の玉城デニー知事はこのほど、知事に近い女性が深く関わる政治団体が運営する講演会に公務として参加し、祝賀メッセージを送った。県議会の自民会派は6月30日開会の第4回定例会で、知事が団体の広告塔として利用された疑いが…

続き

米軍クラスターの感染源は? 高山医師の考察

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  在沖米軍基地内で130人超が新型コロナウイルスに感染した。これについて、沖縄県立中部病院で感染症対策に取り組む高山義浩医師は自身のSNSで感染源について考察し、三つの可能性を探った…

続き

バイデン、サンダーズやトランプを剽窃か Joe Biden cribs from Bernie Sanders, Donald Trump

 ジョー・バイデン氏のレガシーは、目下、まだ、作成中かもしれないが、彼はすでにあることで知られている。他人の作品から自由に借用することだ。すでに勝ち得た名声を土台として、この国の大統領選挙における民主党の指名確定候補者と…

続き