世界日報 Web版

Date archive for 5月, 2020

泥沼化する韓国慰安婦運動

揺らぐ対日正当性  いわゆる元従軍慰安婦問題をめぐる自称被害女性と元支援団体トップによる暴露合戦が波紋を広げている。これと関連し韓国メディアは団体トップに関わる数々の不正疑惑を報じ、被害女性についても発言の信憑(しんぴょ…

続き

スルーできない父母の日

地球だより  先日、韓国の友人から「日本のオボイナル(父母の日)はいつか」と聞かれた。「確か母の日が5月第2日曜日で、父の日は6月のええっと…何週目だったか…」と答えると、はっきり覚えていないことを不思議がっていた。韓国…

続き

英国ユダヤ史の魅力

獨協大学教授 佐藤 唯行 世界の英植民地に雄飛 活躍生んだ寛容な社会風土  ユダヤ史を学んで46年。さまざまな国を舞台に執筆を続けてきた。その結果、英国が一番面白いことが分かった。ご理解いただくため、まずは合衆国と比べよ…

続き

離島防衛へ排水性など向上 陸自、新小銃公開

 防衛省・陸上自衛隊は18日、新たに導入する口径5・56ミリの20式小銃と、9ミリ拳銃を報道公開した。中国の海洋進出などが続く中、離島防衛を念頭に、排水性や、防錆性、火力性能が向上し、射程の延長や頬・肩当の可変式などの性…

続き

「宇宙作戦隊」発足 河野防衛相が隊旗授与

 防衛省は18日、航空自衛隊で初となる宇宙領域の専門部隊「宇宙作戦隊」を発足させた。日本が打ち上げた人工衛星への衝突などを防ぐため、宇宙ごみ(スペースデブリ)や不審な衛星の監視を行う。空自の府中基地を拠点に20人規模で始…

続き

1面で異例の「お願い」 しんぶん赤旗

編集局長・日曜版編集長 連名で購読の継続訴え  新型コロナウイルスの感染拡大によってさまざまな業界に経営危機が広がる中、日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」(以下、赤旗)は17日付1面で同紙の継続的な発行の危機を訴え、読者に…

続き

蔡総統2期目へ、中国の圧力から台湾を守れ

 台湾の蔡英文総統があす、2期目に入る。1月の総統選での圧勝後、徹底した新型コロナウイルス対策で感染拡大を抑え込み、台湾社会から幅広い支持を得ている。  中国は「一つの中国」原則を受け入れない蔡政権への圧力を強めているが…

続き

石川県出身の文芸家・加賀大介の秘めた想い

 夏の高校野球で、甲子園球場に流れる大会歌の「栄冠は君に輝く」は、球児たちを奮い立たせ、高校野球ファンの胸も熱くする。作曲は、現在放送中の朝ドラ「エール」の主人公・古関裕而(1909~89)、作詞は文芸家の加賀大介(19…

続き

コロナ収束後も家庭で引き継ぎたいもの

 外出自粛で家にいる時間が長くなり、妻や子供との関わり方もこれまでとは変わっている。そのせいもあるが、筆者の目下の関心事はコロナ後に日本と世界の家族がどうなっていくのかということである。コロナ後の世界の覇権や経済問題がど…

続き

スターリンと安倍首相を同列に置く水島氏用い検察定年延長批判する毎日

◆厳粛な検察官の仕事  「文明とは正義の普(あまね)く行われていること」。明治維新の元勲、西郷隆盛の言である。果たして戦後日本はより文明的になっただろうか。元検事の佐藤欣子さんはそう問うた。  正義を体現する検察官のバッ…

続き

池波正太郎の時代小説には、季節の自然を…

 池波正太郎の時代小説には、季節の自然をさりげなく描写する場面があり、それでいてピタリとはまっている。初夏の午後をつづった一節が『編笠十兵衛』(下・新潮文庫)にある。  「杉、松、椎(しい)、樟(くすのき)などの常盤木(…

続き

【Podcast】新型コロナ乗じ台湾に圧力、中国とWHO批判 米議会報告

【記事】新型コロナ乗じ台湾に圧力、中国とWHO批判 米議会報告 (音声を収録しました)

続き

【Podcast】米政権、中国の窃盗に警告へ ワクチン研究狙いサイバー攻撃か 米紙報道

【記事】米政権、中国の窃盗に警告へ (音声を収録しました)

続き

【Podcast】米国は北極圏で出遅れたと専門家が批判

【記事】米国は北極圏で出遅れたと専門家が批判 Critics say U.S. missing the boat on Arctic (音声を収録しました)

続き

「伏魔殿」と化す文部科学省

麗澤大学大学院特任教授 高橋 史朗 歴史分野の学習目標軽視 偏向した「近年の学説」理由に  平成29年3月に告示された新学習指導要領において、育成を目指す資質・能力の柱を、①知識及び技能の習得②思考力、判断力、表現力等の…

続き

ブラジル 新型コロナ感染者が23万人超

「ピークはまだ」専門家  ブラジル保健省は16日、新型コロナウイルスの感染者が前日より1万3919人増え、23万3132人になったと発表した。死者は1万5633人。  感染者数はスペインやフランスを上回り世界4位、死者数…

続き

「知らないうちに仕組まれていた」 森友問題、政権に喧嘩を売る構図

NEWSクローズ・アップ  学校法人「森友学園」をめぐり国や大阪府、大阪市の補助金をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた前理事長・籠池泰典被告(67)、妻諄子被告(63)が、動画投稿サイト「ユーチューブ」などのSNS…

続き

宇宙作戦隊 安全保障の能力強化を図れ

 防衛省はきょう、航空自衛隊に「宇宙作戦隊」を新設する。  空自の府中基地(東京都府中市)を拠点に20人規模で編成する。宇宙安全保障の能力強化を図るべきだ。  増大する中露の脅威  宇宙作戦隊は、宇宙航空研究開発機構(J…

続き

安倍政権のコロナ対策を批判する一方で中国の動きに警戒を促す文春

◆メディアが不信助長  コロナ対策で安倍バッシング、検察庁法改正で安倍バッシング、憲法改正で安倍バッシング、何が何でもバッシングだ。今や週刊誌でまともに安倍政権を評価しようというところはないのか。  コロナだが、日本は世…

続き

夏の全国高校野球選手権大会(甲子園球場)…

 夏の全国高校野球選手権大会(甲子園球場)が新型コロナウイルス流行の影響により中止の方向で検討に入った。指導者や選手は残念至極だろうが、中止はやむを得ないところだ。  夏の大会では、3700余校が戦う地方大会も開催されて…

続き

ポスト・コロナ禍の世界に向けて

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 防疫戦争総括し教訓残せ 中国は共同現地調査に協力を  中国を発生源とするコロナ禍は世界に拡大し、450万人に感染し、死者も30万人を超えている。14世紀のペスト(黒死病)などに続くコロナ・パ…

続き

フランスの製薬大手幹部が米国優先発言

クチン使用権めぐり騒ぎ  フランスの製薬大手、サノフィのポール・ハドソン最高経営責任者(CEO)が13日の米ブルームバーグニュースとのインタビューで、同社の新型コロナウイルスのワクチン開発が成功した場合、研究に最初に資金…

続き

米国は北極圏で出遅れたと専門家が批判 Critics say U.S. missing the boat on Arctic

 トランプ米政権は、北極圏で中露の海軍・海洋行動に効果的に対抗しようと苦慮している。専門家や一部議員からは、米国が今後10年間で、この地域で中露より有利に立とうと思うなら、当初の想定以上の資源を投じる必要があるとの主張が…

続き