世界日報 Web版

Date archive for 4月, 2020

テレワークで家にいることが多くなって、…

 テレワークで家にいることが多くなって、世捨て人のような気持ちになっている。テレビやインターネットで社会につながっていても、情報が一方的になるか偏っていれば、むしろ不安を増長したり、思い込みを生んだりすることもある。  …

続き

ブラジル保健相を解任

大統領、隔離措置めぐり対立  新型コロナウイルスの感染拡大で危機的状況に直面しているブラジルのボルソナロ大統領は16日、隔離政策などをめぐって意見が対立していたマンデッタ保健相を解任した。後任には医師のタイシ氏が起用され…

続き

G7首脳、WHO改革 要求

米ホワイトハウスが発表  米ホワイトハウスは16日、トランプ大統領が議長を務めた同日の先進7カ国(G7)首脳によるテレビ会議で、新型コロナウイルスに対する世界保健機関(WHO)の対応について、各国首脳は「徹底的な見直しと…

続き

「自由民主」緊急事態宣言 都市封鎖できないのは弱点

「自由民主」緊急事態宣言 都市封鎖できないのは弱点

感染抑制に移動制限の法整備を  新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、わが国で初めて7日に緊急事態宣言が発令された。自民党の機関紙「自由民主」4月21・28日合併号は、「未曽有の国難に打ち勝つ」「特措法に基づき…

続き

警戒要する中国「マスク外交」

NEWSクローズアップ 一帯一路の関係国中心に支援  新型コロナウイルスが世界中に拡散する中、発生源となった中国は感染拡大国へマスクや医療器具を送るなど支援外交に動いている。しかし、過去の歴史から見ても善意から困窮国に支…

続き

緊急事態全国に、オールジャパンで国難克服を

 安倍晋三首相は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、緊急事態宣言の発令地域を全国47都道府県に拡大した。  先に東京など7都府県を対象に発令されたが、地方での感染急増を受けての措置だ。期間は5月6日まで。国難を克服す…

続き

病院再編と社・共誌 コロナ事態で反対に追い風

虚を突かれた厚労省の計画  新型コロナウイルスの感染拡大で攻守逆転の様相となったのが、厚生労働省の公立病院統廃合計画だ。昨年9月、「過剰な病床数」「医療費圧迫」などを理由に424の病院名を公表し、各都道府県の取り組みを今…

続き

新型コロナとの戦争

《 記 者 の 視 点 》 管理社会と違う勝利の方式示せ  先週金曜の朝、何気なく見ていたテレビ(NHK放送)で衝撃的な画面を見た。  中国・上海で行われた男女数人ずつがテーブルを囲む飲み会で、皆が一斉にスマホに表示され…

続き

体制で違う感染拡大への対応 Political scientists get real chance to compare world’s governments

 世界中の国が同じ危機にこれほどまでに真剣に取り組むのを、政治科学者らが実際に、リアルタイムで経験できる機会はそれほどあるものではない。  政治科学は以前から、一つの学問であり、混沌とした政治の現実とは無縁だとの非難を受…

続き

自宅でテレワークの日が多くなり、外出も…

 自宅でテレワークの日が多くなり、外出も近くのコンビニへ行くくらい。ものぐさの気流子も体がなまってくる感じを覚える。そこで、近くの緑道を歩いて公園まで行き、ラジオ体操のようなことをして帰ってくる。  緑道の両側にある木の…

続き

世界に誇れる日本のデザイン

需要に応え柔軟に進化 d47 MUSEUM館長 黒江 美穂さんに聞く  「日本初のデザイン物産美術館」が、東京・渋谷のd47(でぃーよんなな) MUSEUM(渋谷ヒカリエ8階)にオープンして8年がすぎようとしている。「4…

続き

頭上注意の果物農園

地球だより  タイの4月は、日本でいえば8月に相当する真夏の盛りだ。この季節は果物が豊富に出回り、フルーツ天国と化す。果物の王様ドリアンや、気品のある酸味と甘味で絶大な人気のある女王マンゴスチンもどっさり市場に出回る。匂…

続き

新型コロナ 比政府、ロックダウン延長

感染増加に歯止めかからず  フィリピンで新型コロナウイルス対策が難航している。他のアジア諸国に比べ早い時期にロックダウン(都市封鎖)を決断し、すでに1カ月以上が経過したが感染の勢いは減速せず、感染者はすでに5000人を超…

続き

トランプ米大統領、武漢研究所「徹底的に調査」

米関係者、発生源と確信か  米FOXテレビは15日、複数の関係筋の話として、世界的に感染が拡大する新型コロナウイルスが、中国の武漢ウイルス研究所から発生したものだという確信が高まっていると報じた。トランプ大統領は同日、ホ…

続き

同性パートナー制度 「性」を混乱させて危険だ

 わが国の性秩序を乱すとともに、結婚制度を混乱させる制度が全国に広がりつつある。同性のカップルを結婚相当の関係と見なす「パートナーシップ制度」だ。いわゆる「LGBT」(性的少数者)の活動家による働き掛けを受け、その考え方…

続き

コロナとビッグブラザー

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  “ビッグブラザー”とは独占した情報によって社会を統制する権力として、英国の作家、ジョージ・オーウェルの小説『1984年』に登場した言葉だ。新型コロナウイルスが全地球的な災難に乗じて…

続き

国民生活支えるスーパーの従業員

地球だより  新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの州で不要不急の外出が制限されている。これにより人と接触する機会が大幅に減ったが、こうした中でも感染のリスクが比較的高いと考えられている場所がスーパーマーケットだ。 …

続き

金正恩政権の“貧者の虚勢”

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄 「コロナ感染ゼロ」と吹聴 実際は病死者・餓死者続出か  中国武漢市で発生した新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっており、やがて地球の全国家・地域にまで感染する勢いだ。テレビや新聞に感…

続き

コロナ以後の世の中、国民の選択は

韓国紙セゲイルボ  今回の総選挙で新型コロナウイルスを超える争点はなかった。政権中盤期の国政選挙だが、文在寅政権の失政問題は有権者の耳目を引かなかった。経済活力と雇用を萎縮させた所得主導成長、マンション価格の高止まりを招…

続き

ブラジルのコロナ対策 政府と自治体、足並み揃わず

 南米のブラジルで新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。感染者はすでに2万人を超えており、医療崩壊も近づいている。感染抑止には明確な指導力が必要だが、政府と地方自治体の対立が続き、国内の足並みが揃(そろ)わないのが実…

続き

北朝鮮でも感染の可能性

米専門家 強権で拡大を阻止か  新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が進む中、北朝鮮が感染者ゼロと主張していることについて、専門家の間でさまざまな見方が出ている。  北朝鮮は経済制裁が科される中、輸入のほとんどを中国に頼…

続き

くすんだ政権の「中間評価」、対日改善も見込めず

解説  文在寅政権に対する中間評価の性格を帯びていた今回の韓国総選挙で革新系の与党、共に民主党が勝利を収められたのは新型コロナウイルスの感染拡大という非常事態の中、政権審判論が大きく後退した影響によるものとみられる。  …

続き

米、WHO資金拠出停止 新型コロナ

トランプ氏「中国寄り」批判  トランプ米大統領は14日、ホワイトハウスでの記者会見で、世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス対応の過ちを検証する間、資金拠出を停止するよう指示したと発表した。トランプ氏はWHOの「中国…

続き