世界日報 Web版

Date archive for 4月, 2020

新型コロナ ずさん防護で流出か

中国・武漢CDC コウモリなどからウイルス2000種採取  中国国営メディアは昨年末まで、これらのウイルス研究を取り上げ、武漢CDCの除染・病原媒介生物予防管理局で研究を主導してきた田俊華氏を英雄として伝えてきた。「武漢…

続き

新型コロナ禍への緊急経済対策で「迅速さ」「大胆さ」を求めた各紙

◆多くが現金給付提案  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。イベントや外出の自粛が続き、経済活動も臨時休業や生産の縮小・停止、働き手にとっては自宅待機にとどまらず解雇という事態も増えている。  2020年度予算が成…

続き

経済安保 官邸主導で中国に対抗を

 政府の外交・安全保障政策の司令塔を担う国家安全保障局(NSS)に、経済安保を扱う「経済班」が発足した。  米中貿易摩擦など、経済政策が外交・安保と密接に関わる事態が増えたことを受けてのものである。  国家安保局に「経済…

続き

福島市に古関裕而記念館があり、ドライブの…

 福島市に古関裕而記念館があり、ドライブの途中で案内板を見て立ち寄ったことがある。地元でも人気があるのは、この作曲家による校歌を歌って育ったという人が多いからだ。  業績の全体を知ることになったが、曲が視聴できるコーナー…

続き

世界を変えるコロナ、中国が覇権大国へ前進する?

 新型コロナウイルス感染が約200もの国・地域で激増し、世界大コロナ火災の様相を呈してきたが、そんな中で中国は外交・援助・宣伝の強力キャンペーンを展開し、覇権大国に向かって歩を進めているという。“出火元”の中国は威信が低…

続き

「万国津梁会議」の業務をめぐる問題で県を提訴

沖縄県民4人、管理委託費の返還を玉城県知事に求める  玉城デニー知事が掲げる目玉政策の一つである「万国津梁会議」の業務をめぐり、県政刷新を求める県民らはこのほど、委託契約は無効だとして、県が支払った委託料金を返還させるよ…

続き

那覇空港の第2滑走路が供用を開始

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  3月26日、供用された。午前8時すぎ、第1機となる中部国際空港発のスカイマーク機が新滑走路に降り立った。  タイミングが悪いことに、新型コロナウイルスの影響で供用開始日は、国際便が…

続き

上皇陛下御夫妻 仙洞仮御所に転居

1年半以内 赤坂へ  上皇陛下御夫妻は31日午後、引っ越し作業に伴い滞在していた御料牧場(栃木県)を出発し、仙洞仮御所(東京都港区)に入られた。仮住まい期間は1年半以内の見通し。  上皇御夫妻を乗せた車は午後4時ごろ、仙…

続き

コロナに政治は通用しない The coronavirus does not play politics

 この記事を書いている時点で、コロナウイルス陽性と判定された米国人は、約6万人で、死者は900人を超えているが、現在のウイルスの広がりを追跡し、説明する資源が不足していることを考えると、州および連邦レベルの政府機関が指摘…

続き

戦後のわが国の経済発展は企業の終身雇用制…

 戦後のわが国の経済発展は企業の終身雇用制に支えられた面が大きい。メーカーの場合、その家族主義、愛社精神が企業内技術者の発明マインドを刺激し、優れた技術開発を可能にした。旭化成でリチウムイオン電池を開発し、ノーベル賞を受…

続き

コロナ経済対策 一律10万円で現金給付急げ

 新型コロナウイルスの感染拡大は依然として収束の兆しが見えない。イベントなどの自粛が続き、経済的に困窮する個人や世帯、個人事業主などが日増しに増えている。  事態は急を要する。政府がまとめる経済対策では、一律一人10万円…

続き