世界日報 Web版

Date archive for 1月, 2020

尖閣は本当に守れるのか

中国に隙見せるな 海上保安大学校名誉教授 日當 博喜氏に聞く  中国が近年、尖閣周辺への公船派遣を急増させている。接続水域で確認された中国公船は昨年1年間で延べ1097隻で過去最高を記録。領海侵入も延べ126隻で、一昨年…

続き

交通トラブルで警官と兵士が銃撃戦

地球だより  日本で社会問題となっている、あおり運転などの交通トラブル。ここフィリピンでも都市部は慢性的な渋滞でストレスは募るばかりで、ついカッとなった運転手同士が暴力沙汰になることも多い。  日本との違いはこのようなト…

続き

新型肺炎でWHO緊急委から台湾排除

世界の防疫ネットワークに穴  肺炎で死をもたらす新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け中国は23日、武漢市や近隣2都市の移動制限を発令した。800人以上の死者を出した17年前の重症急性呼吸器症候群(SARS)大流行以来…

続き

ブラジルの文化局長官に有名女優

 ブラジルの親米保守ボルソナロ大統領は29日、有名女優のレジーナ・ドゥアルテ氏(72)を文化局長官に指名、同氏が受諾した。  アルビン前長官は16日、ナチス・ドイツの宣伝相だったゲッペルスの言葉と酷似したメッセージ付きビ…

続き

英がきょうEU離脱、欧州議会で別れの大合唱

 欧州連合(EU)の欧州議会は29日、ブリュッセルでの本会議で英国のEU離脱協定案を承認した。31日に英国は正式離脱する。  投票後、議員らが立ち上がり議場で別れの歌を合唱し、議員の中には胸を詰まらせ涙を流す光景も見られ…

続き

英のEU離脱 欧州統合は大きな転機に

 英国はきょう欧州連合(EU)を離脱する。2016年の国民投票から3年半にわたって迷走した英国の離脱問題も「合意なき離脱」という最悪事態は一応免れた。初の加盟国離脱で欧州統合の大きな流れは転機を迎えることになる。 険しい…

続き

永田雅一(まさいち)という名前は、年齢の…

 永田雅一(まさいち)という名前は、年齢の高い人であれば知っていよう。永田は映画会社大映の社長であり、政界フィクサーでもあった。「永田ラッパ(ホラ吹き)」という愛称でも知られていた。  笹山敬輔著『興行師列伝』(新潮新書…

続き

新年会でハプニング

地球だより  先日、イスラエル人の知り合いから新年会のお誘いがあった。彼女はアジア系語学学校を経営する会社の社長だ。  テルアビブにあるレストランに約束の時間前に着いた。中に入ろうと店の人に話し掛けたところ、「改装中だか…

続き

中東緊張で国際社会に混迷も、「革命の輸出」目指すイラン

 米軍によるイラン革命防衛隊の海外工作部門「コッズ部隊」ソレイマニ司令官殺害事件は、第3次世界大戦勃発を想起させるなど大きな衝撃を与えたが、両国による「自制」で当面の危機を脱した。しかし、周辺諸国への影響力を拡大するイス…

続き

伝染病の経済学

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  天然痘、コレラ…。恐怖を呼ぶ言葉だ。過去は特にそうだった。元気だった人が死んでいく原因が分からない伝染病の恐怖は想像を超越していた。  世宗(朝鮮第4代王)17年、西暦1435年。…

続き

龍山米軍基地は都市公園に活用を

韓国紙セゲイルボ “市民の生命の森”造成望む  ソウルは人口1000万人が密集して暮らす巨大都市。人口密度はニューヨークの8倍、東京の3倍にもなる。その世界10位圏の経済規模の中心地ソウルに、それにふさわしい公園が一つも…

続き

日本の大学入試の問題点

沖縄大学教授 宮城 能彦 「運」が左右する一発勝負 複数回の資格検定試験実施を  今回が最後だと言われる大学入試センター試験が終わった。  しかし、来年度から新しく始まる大学入学共通テストに関して、かなりの混乱が生じてい…

続き

「入植地はイスラエル領」 米大統領が中東和平案を公表

 トランプ米大統領は28日、ホワイトハウスでイスラエルとパレスチナの中東和平案を発表した。条件付きでパレスチナ国家の樹立を認める一方、ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地についてイスラエルの主権を容認する内容。エルサレムをイス…

続き

ハーバード大教授を起訴、中国「千人計画」めぐり米司法省

資金提供受け虚偽説明  米司法省は28日、中国共産党が外国の優秀な人材を囲い込む「千人計画」への参加をめぐり米政府に虚偽の説明をしたとして、米ハーバード大化学・化学生物学部の学部長、チャールズ・リーバー教授を起訴したと発…

続き

新型肺炎、濃淡はあるが中国の情報開示には問題ありと批判する各紙

◆懸念される感染拡大  「現在のところ、新型肺炎で死亡する割合は、重症急性呼吸器症候群(SARS)やMERSほど高くない。正確な情報を基に、冷静な対応を心がけたい」(読売・28日付社説)。  中国本土で28日までに感染者…

続き

新型肺炎感染 予防と対策徹底し流行阻止を

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染者数が世界で6000人を超えた。中国では2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)を超える猛威となっており、政府はチャーター機を派遣して武漢市から邦人の帰国…

続き

スイスのチューリヒ在住のジャーナリスト、…

 スイスのチューリヒ在住のジャーナリスト、サーシャ・バッチャーニさんが家族史について書いた『月下の犯罪』は2016年に出されると、ヨーロッパでベストセラーになった。  原書はドイツ語で、英語、仏語をはじめ5カ国語に訳され…

続き

新型肺炎の感染源は海鮮市場ではない、専門家が指摘

 中国・武漢の新型コロナウイルスの感染源は、中国当局が当初、指摘した華南海鮮市場だけではなかった可能性が浮上している。中国人研究者グループが英国の医学誌ランセットに掲載した論文で、肺炎患者が最初に見つかったのは昨年12月…

続き

対北情報共有 多国間連携で万全な抑止を

 「ファイブ・アイズ」と呼ばれる米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど英語圏5カ国の機密情報共有の枠組みに日本、韓国、フランスの3カ国が新たに加わったことが分かった。北朝鮮による核やミサイルの動向を把握…

続き

豚コレラ感染、防疫作業で自衛隊の献身的な活躍

豚コレラ感染、防疫作業で自衛隊の献身的な活躍

13日間延べ6500人が出動、殺処分に涙する隊員も  沖縄県うるま市の養豚場で豚コレラ(CSF)の感染が1月8日までに明らかになり、隣の沖縄市を含めて七つの養豚場で感染拡大したが、20日にはいったん収束した。その背景には…

続き

天然記念物のネズミを守ろう

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  2020年は子年。沖縄には珍しいネズミがいろいろ生息している。  国指定天然記念物で絶滅危惧種に指定されているケナガネズミは、沖縄本島北部と奄美大島、徳之島だけに生息する。日本で最…

続き

党派的闘争が動機の弾劾裁判 A partisan impeachment

 容赦ない敵対者らは、トランプ大統領を弾劾することに決めたが、作成された弾劾条項が裁かれるべく、上院に送付された。この時、彼らは、合衆国憲法と、米国人の良識の二つを土台に創られた司法制度に対する修復不可能な損傷へのドアを…

続き

新元号「令和」制定を機に「万葉集」への…

 新元号「令和」制定を機に「万葉集」への関心が高まっている。気流子も岩波文庫の『万葉集』を読みながら感動を新たにしているが、一方で驚くこともある。  例えば、柿本人麻呂が軽(かるの)皇子(みこ)の遊猟に従った時詠んだ<東…

続き