世界日報 Web版

Date archive for 7月, 2019

じっとしていても、汗ばむ季節。特に梅雨の…

 じっとしていても、汗ばむ季節。特に梅雨の時は湿度が高いので、汗がべたべたとして衣服が肌に張り付く印象がするほど。不快指数が上がり、何をするのも億劫(おっくう)に感じてしまう。  この時期、手放せないのが傘。雨が降るかど…

続き

お守りに吹く新風

地球だより  タイを旅行したことがある人なら、必ず目にするのがプラクルアン(お守り)だ。  このプラは、幸運を呼ぶお守りとされ、バスやタクシーなど運転席の前や飲食店など、至る所で目にする。  タイ国民のプラ所持率は約7割…

続き

中国船「当て逃げ」で比漁船沈没

 南シナ海でフィリピン漁船が中国漁船に衝突されて沈没した事故をめぐり、ドゥテルテ大統領の「弱腰」な対応が波紋を広げている。領有権問題で係争中の南シナ海で起きた事故は大きな注目を集めたが、ドゥテルテ氏の親中的な外交姿勢が、…

続き

米独立記念日 トランプ氏、軍の貢献称える

「現在の米国は最強だ」  トランプ米大統領は独立記念日の4日、首都ワシントンのリンカーン記念堂前で演説し、「この国を最も優れた国にしたのは、卓越性と冒険、勇気と自信、忠誠心と愛情だ」と主張。建国以来の軍の貢献を称(たた)…

続き

秋篠宮殿下御夫妻、記念演奏会に-フィンランド

全日程終え帰国の途へ  【ヤルベンパー時事】フィンランド公式訪問中の秋篠宮殿下御夫妻は5日午前(日本時間同日午後)、首都ヘルシンキから約40㌔離れたヤルベンパー市にある「シベリウスの家」を訪れ、日本とフィンランドの外交関…

続き

トランプ発言と日米地位協定 「血の同盟」が平等もたらす

トランプ発言と日米地位協定 「血の同盟」が平等もたらす

《 沖 縄 時 評 》 改憲、双務条約化が課題に 「不公平」な安保条約  沖縄県では基地問題が騒がれるたびに日米地位協定が米兵の特権を保証する「不平等協定」との批判が起こり、「沖縄差別」だと論じられる。沖縄革新県政はそれ…

続き

左傾化を推進した韓国映画 偽情報で国民感情をあおる

《 記 者 の 視 点 》  映画の試写会によく足を運ぶ。映画で扱われる題材は多種多様だが、世界で何が起きているのかを知る窓口でもある。今回取り上げるのは韓国映画だ。韓国社会で何が起きているのか、ヒントにはなる。  ドラ…

続き

近未来の脅威、奪われる「わが家」を救え

香港憤激 一国二制度の危機(下)  香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正案をめぐり、暴徒化した一部が1日、立法会(議会)を占拠して破壊活動を行った。突入直前に警察は不可思議な撤収をし、黒幕の存在な…

続き

北方領土、成果焦って足元を見られるな

 20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせ、日露首脳会談が行われた。  会談では、北方領土問題を含む平和条約締結交渉を引き続き進めることで一致したが、具体的な進展はなかった。 進展しない対露交渉  安倍晋三首…

続き

最近は温暖化の影響で毎年のように深刻な…

 最近は温暖化の影響で毎年のように深刻な大雨被害に見舞われるようになったが、水は本来命の源であり、清流、豊かな水資源がもたらす恩恵は多岐にわたる。長良川の鵜(う)飼いで知られる岐阜県関市が名刀の産地でもあるのは、豊かな水…

続き

長良川の風物詩・鵜飼

魚取れんでも川が楽しい 鵜匠 山下 純司氏に聞く  長良川の鵜飼(うかい)は、岐阜県の夏の夜を彩る幻想的な風物詩だ。松明(たいまつ)の火に引き寄せられたアユを、麻紐(あさひも)で結ばれた鵜が潜って捕まえる。1300年以上…

続き

アマゾン熱帯雨林の消失が60%加速

 ブラジル国立宇宙研究所(INPE)がこのほど発表したところによると、6月のアマゾン熱帯雨林の消失量は昨年同月に比べて60%近く加速した。1月に保守派のボルソナロ大統領が就任した後、5月までは昨年と変化がなかったが、6月…

続き

紀子殿下、図書館で子供と交流

秋篠宮殿下 牧場視察熱心にメモ-フィンランド  【ヘルシンキ時事】フィンランドを公式訪問中の秋篠宮妃紀子殿下は4日午前(日本時間同日午後)、首都ヘルシンキ市内の中央図書館を訪れ、地元の子供たちと交流された。  秋篠宮殿下…

続き

恐怖の条例案、中国に不都合な者を移送

 3月16日、京都市内に宿泊し、懐石料理を食そうとした香港の民主派で民主党の重鎮、涂謹申立法会議員は突然、逃亡犯条例改正案の審議入り情報を聞いて食べるどころではなくなった。  香港政府が20日間のパブリックコメントを求め…

続き

ウルムチ騒乱10年、少数民族への人権侵害許すな

 中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで多くの市民が死亡した大規模な騒乱が発生してから、きょうで10年を迎える。  この間、中国共産党・政府はテロ対策を表向きの理由にイスラム教徒の少数民族ウイグル族に対する抑圧と監視を強…

続き

ドタキャンは困る。された側も、してしまった…

 ドタキャンは困る。された側も、してしまった側も困る。逆に、欠席通知を出していた人間が、連絡もなしに会場に来てしまったという場合も悩ましい。会の性格にもよるが、食事の出る場だったりすると特に面倒だ。  先日読んだ雑誌記事…

続き

自由貿易交渉加速させる南米

EUとFTA合意で巨大市場誕生へ  南米南部共同市場(メルコスル)が自由貿易交渉を加速させている。主要国のブラジルとアルゼンチンで自由貿易派の政権が誕生したことが大きい。欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)合意は、…

続き

日本政府による輸出規制措置の狙い

韓国紙セゲイルボ 参院選勝利へ韓日対立を争点化  日本政府の輸出規制措置で韓国の半導体・ディスプレー輸出戦線に赤信号が灯(とも)った。韓国政府は緊急経済関係閣僚会議を開き、日本の輸出制限措置に対して世界貿易機関(WTO)…

続き

「うっかり」が招く悲劇

地球だより  米国では、たとえ短時間でも子供を車内に放置することを多くの州が禁止するなど、子供の安全対策は徹底されている。それにもかかわらず、暑い季節に子供が車内に取り残され、熱中症で亡くなるニュースは意外なほど多い。 …

続き

「令和の時代」をどう生きる

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄 感謝の心でストレス解消 荒波乗り越える心の処方箋  穏やかに清々(すがすが)しい思いで新しく「令和の時代」を迎え、“令(うるわ)しく、慈しみ”に満ちた平和を築き上げる時代であること…

続き

電子たばこ

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  1980年代に入って医学界で「燃やさないたばこが禁煙効果を高めるのに効果的」だという見解が台頭した。これに従って、ニコチンだけを吸引し、他の有害物質を遮断する技術が開発された。これ…

続き

次期欧州委員長に独国防相

中銀総裁にラガルド氏 EU、共に女性初  欧州連合(EU)は2日、難航した協議の末、秋以降の新体制に向け、執行機関の欧州委員会委員長や欧州中央銀行(ECB)総裁ポストなどの人選で決着した。重要2機関トップに初めてとなる女…

続き

ナイジェリアでタンクローリーが横転し爆発

50人以上が死亡  ナイジェリアの中部ベヌエ州で1日、ガソリンを運搬していた石油タンクローリー車が横転後に爆発し、漏れた燃料を集めようと集まった住民ら50人以上が死亡し、100人以上が負傷した。  タンクローリー車は、道…

続き