世界日報 Web版

Date archive for 4月, 2019

遠のく北拉致問題の解決

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄 理解できぬ政府の対応 見送られた非難決議案提出  去る2月27、28日にベトナムのハノイで開催された2回目の米朝首脳会談は、事実上の「失敗」に終わった。1年前までは「老いぼれ狼(おおかみ…

続き

イスラエル総選挙、右派が過半数

ネタニヤフ首相再選へ  9日実施されたイスラエル総選挙(定数120、全国1区の比例代表制)は、同日夜から開票が進められ、開票率97%の段階で、ネタニヤフ首相率いる現与党の「リクード」を中心とする右派勢力が、ガンツ元軍参謀…

続き

両陛下の御結婚60年で祝賀行事

皇族方や首相ら三権の長が出席  天皇、皇后両陛下の結婚から60年に当たる10日、皇居・宮殿などで祝賀行事が行われた。  両陛下は午前中、お住まいの御所や宮殿で、宮内庁の幹部らからお祝いを受けられた。宮殿の松の間では皇太子…

続き

大阪都構想に示された民意にも議論促すばかりの朝・毎と変わらぬ読・産

◆的確だった毎日社説  7日投開票の統一地方選前半戦の最大の焦点は、大阪維新の会が大阪都構想への再挑戦を訴えて仕掛けた大阪ダブル選に対する府民の審判であった。これについては後述し、まず大阪ダブル戦にすっかり食われた形とな…

続き

縄文文化に興味を持つ人は多い。歌人で世日…

 縄文文化に興味を持つ人は多い。歌人で世日歌壇選者・水城春房さんもその一人。昨年7月、東京国立博物館で縄文展が開催された際、奥さんと見に行ったが長い行列を見て、諦めて帰宅。  2度目に行った時は一人で、入場できたのはいい…

続き

中国の宇宙軍事化に警鐘 米国防長官代行

米の優位性維持へ宇宙軍の必要性訴え  シャナハン米国防長官代行は9日、コロラド州コロラドスプリングズでのシンポジウムで、宇宙の「軍事化」を進める中国とロシアに対抗するために十分な対応ができていないと警鐘を鳴らした。  シ…

続き

米に安保関与強化求める 台湾総統が米研究所での中継で講演

 台湾の蔡英文総統は9日、インターネット中継を通して米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)などで講演し、台湾への軍事的圧力を強める中国を批判。民主主義の価値観を共有する米国に対し、台湾の安全保障への関与を強化するよ…

続き

米・台湾法40年、連携して中国の脅威に対処を

 米国が台湾関係法を制定して40年が経(た)った。中国の海洋進出は国際法に違反する領土問題を起こしており、中国共産党の覇権主義を警戒するトランプ米政権は、台湾をアジア地域において自由と民主主義を守る安全保障の要衝として重…

続き

米カリフォルニア州で「祝福結婚式」-3000組が理想家庭誓う

 人種、国境、宗教の壁を超えた結婚を通して理想家庭を築き、平和世界の実現を目指す祝福結婚式「ピース・スターツ・ウィズ・ミー(平和は私から始まる)―ブレッシング・アメリカ」が6日、米カリフォルニア州ガーデナのメガチャーチ「…

続き

サウジとの付き合い方

 サウジアラビア(以後、サウジ)人のコラムニストで、ブロガーのジャマル・カショギが行方不明になってから、半年が過ぎた。彼は、リヤド政権や王族を彼が批判していたことに我慢し切れなくなっていたサウジ政府内のいずれかの高官の部…

続き

宮古島に陸自警備部隊を配備

宮古島に陸自警備部隊を配備

南西諸島防衛の空白埋める  陸上自衛隊宮古島駐屯地(沖縄県宮古島市)が3月下旬に開設した。緊迫する南西諸島周辺情勢の下、沖縄本島と与那国島にしか配備されていなかった陸自を同島にも配置したことで、防衛上の空白を新たに埋める…

続き

2024年から紙幣(日本銀行券)が一新され…

 2024年から紙幣(日本銀行券)が一新され、表の図柄は1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎になる。紙幣の刷新で平成から令和への改元機運を盛り上げたい。  渋沢は「日本資本主義の父」とも言われる実業…

続き

観光税は「迎える心」でカバーを

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  観光目的税制度の導入を考える沖縄県の検討委員会は、税率を1人1泊2万円未満は200円、2万円以上は500円の二段階方式でまとめ、このほど県に提言した。税の名称は「宿泊税」または「観…

続き

両陛下、御結婚60年

皇居で祝賀行事  天皇、皇后両陛下は10日、結婚から60年を迎えられた。結婚60年は「ダイヤモンド婚」と呼ばれる慶事。テニスコートで出会い、即位後もお二人で支え合い、国民と共に歩む皇室を築かれた。退位後の5月1日以降は上…

続き

モルディブ、日米は関係強化に努めよ

 インド洋の島国モルディブで総選挙(一院制、定数87)の投開票が行われ、ソリ大統領の与党モルディブ人民主党(MDP)が単独過半数の議席を獲得して圧勝し、親中国派のヤミーン前大統領が率いるモルディブ進歩党(PPM)は大敗し…

続き

マクロン仏政権は欧州議会選前に求心力取り戻せるか

 マクロン仏政権は、昨年11月から続く政権に対する抗議デモ「黄色いベスト運動」の収拾を目指して実施した2カ月間にわたる「国民大討論」を先月終えた。マクロン政権の支持率は、昨年12月に比べ多少回復したものの、依然低い水準で…

続き

米中デジタル覇権争いの行方

仏CNAMセキュリティ防衛リサーチセンター上席フェロー 新田 容子 目的違い激化望まぬ両国 専門用語集作成や情報共有を  米中関係は今後、貿易の分野、強制的な技術移転およびサイバー攻撃を手段とした技術窃盗の分野などで協調…

続き

悠仁殿下が中学校に御入学

「充実した生活送りたい」  秋篠宮殿下御夫妻の長男悠仁殿下(12)は8日、お茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)に入学された。  学校によると、この日午前に行われた入学式で、悠仁さまは入学者代表として宣誓し、「それぞれ…

続き

米国土安保長官が辞任

トランプ氏 不法移民対策に不満  トランプ米大統領は7日、ニールセン国土安全保障長官が辞任するとツイッターで発表した。トランプ氏はこれまで、不法移民対策をめぐって同長官への不満を表明し、解任がたびたび取りざたされていた。…

続き

シンポジウム「スポーツと道徳を考える」

シンポジウム「スポーツと道徳を考える」

「心に物差し」を持って目標と目的を見誤らない指導を  近年スポーツ界での不祥事が相次いでいる。日大アメフット選手による悪質タックル事件、女子体操や女子レスリングの体罰・パワハラ問題などだ。このような問題がなぜ起こってしま…

続き

「親になる」ためのプロセス

 今春、わが家は子供の中学校卒業式と高校入学式を迎えた。小学校入学時ほどではないが、義務教育が終わったという感慨がある。  ところで高校の入学式では、父母一緒に参加していた保護者が3分の1ほどいた。高校になってもまだ父親…

続き

菅官房長官vs東京新聞記者

弄ばれる「報道の自由」 フリーランスの権利侵害 政治ジャーナリスト 安積明子  「報道の自由」が弄ばれている。きっかけは昨年12月28日に官邸報道室が内閣記者会に申し入れた一枚の紙。沖縄県・辺野古基地移設工事に関する東京…

続き

NATO創設70年、米欧の結束で脅威に対処を

 冷戦初期から西欧安全保障の礎となってきた北大西洋条約機構(NATO)は4日で創設70年の節目を迎えた。  ワシントンで開催された外相理事会では、対ロシア政策など直面する課題について協議し、結束して対応していくことを改め…

続き