世界日報 Web版

Date archive for 12月, 2018

米中首脳会談で「不公正許さぬ姿勢を貫け」と歯切れよかった産経社説

◆対立の構図変わらず  報復関税の応酬を続けて「貿易戦争」を展開し、世界の注目を集めた米中首脳会談は、米国が対中追加関税を当面凍結する「一時休戦」でまとまった。世界1、2位の経済大国同士の争いは、両国間にとどまらず、世界…

続き

プロスキーヤーの三浦雄一郎さんが来年1月…

 プロスキーヤーの三浦雄一郎さんが来年1月、アルゼンチンにある南米大陸の最高峰アコンカグア(6962㍍)に挑戦する。登頂に成功すれば山頂付近から滑降をするという。  息子の豪太さんはじめサポート隊が支援してくれるとはいえ…

続き

「はやぶさ」で示した惑星探査世界トップを守るために必要なこと【PTV RADIO:039】

 はやぶさチームの一員として惑星科学の第一線で活躍する米ブラウン大学の廣井孝弘博士に惑星探査の現状を聞いた。モノには研究費を出す日本はもっとヒトにも投資することを考えなければ、惑星探査レースの先頭は守れないと警告する。 …

続き

北方領土交渉、4島返還への糸口見いだせ

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われた安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領との首脳会談で、北方領土問題を含む平和条約締結交渉の責任者を河野太郎、ラブロフ両外相とすることが決まった。交渉で4島返還への糸口を見いだす…

続き

変貌する日本 Changing Japan

 日本は、ダグラス・マッカーサー元帥が第2次世界大戦後に日本の社会を再建して以来、まさに最大の文化変容の段階に入ろうとしている。経済が成功するには高度の技術を有する労働力の存在が鍵となるのだが、その代わりになるものをはっ…

続き

今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代…

 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が発表され、「そだねー」が年間大賞に選ばれた。一方、お隣の中国でも文芸誌「咬文嚼字」が選ぶ今年の十大流行語が発表された。1位は「運命共同体」。  習近平国…

続き

フィルムカメラが新しい?

地球だより  スマートフォンで気軽に写真が撮れるようになり、特別な操作なしに高度な機能が使えたりすることから、フィルムカメラは完全に廃れた感もあった。ところが今、フランスではフィルムカメラが「新しい」とブームになっている…

続き

頑張れ国産ジェットエンジン

元統幕議長 杉山 蕃 「F9」の早期実用化を 防衛技術の確実な成長期待  先日、防衛省航空技術関係者と懇談の折、防衛省・石川島播磨重工(以降IHI)で鋭意開発中の「XF9」エンジンが地上試験で、当面の目標値を上回る推力に…

続き

料理は生活の基本

 今年夏に博報堂生活総合研究所が公表した調査によると、「夫も家事や育児を分担すべきだ」と答えた夫が8割を超え、30年前の約2倍になったという。  筆者は最近、料理を始めた。「夫も家事」という時代の流れに乗ったわけではない…

続き

絵本は国語力向上の最高の教材 愛や家庭の大切さ伝える読み聞かせ

絵本は国語力向上の最高の教材 愛や家庭の大切さ伝える読み聞かせ

絵本教育協会 浜島代志子会長 感情出さない「棒読み」は問題と指摘  「今、絵本が危ない」と訴える、対話式読み聞かせ「絵本ライブ」がこのほど、沖縄県那覇市で開催され、乳幼児、児童、母親らが参加した。これまで、日本人が慣れ親…

続き

ゲノム編集は人類の脅威

アメリカ保守論壇 M・ティーセン 深刻な道徳的危機を招来 胎児の遺伝子操作の可能性も  中国の科学者が、ゲノム編集を行った初めての赤ちゃんが誕生したことを明らかにし、学界から非難の声が湧き起こった。米国の遺伝科学者はAP…

続き

秋篠宮御発言、大嘗祭は国費で粛々と準備を

 来年11月の大嘗祭への公費支出をめぐって秋篠宮殿下が一石を投じられた。  記者会見で「宗教色が強い大嘗祭を国費で賄うことが適当かどうか」と述べられ、天皇御一家の私的活動費である内廷費を充て「身の丈に合った儀式」とするの…

続き

秋田市の3校で題材もとに「道徳」の公開授業

秋田市の3校で題材もとに「道徳」の公開授業

小中校の道徳教育研究大会が開かれる  「特別の教科 道徳」が、小学校では今年度から、中学校でも来年度から完全実施される。このほど、全国小学校道徳教育研究大会・東北地区中学校道徳教育研究大会・秋田県道徳教育研究大会が秋田市…

続き

代案も示さず専守防衛のお題目を唱える左派紙の無責任な空想的平和主義

◆空母保有論に物言い  政府は新たな「防衛計画の大綱」を年末に閣議決定し、中国や北朝鮮の軍事脅威に備えようとしているが、これに左派紙が噛(か)みついている。  東京は10月29日付社説で「国際情勢の変化に応じて防衛力を見…

続き

3694人は昨年の全国の交通事故による死者数…

 3694人は昨年の全国の交通事故による死者数。この数字は前年との比較では210人減っただけだが、実は画期的な数字なのである。今年1月5日付の毎日新聞には「交通事故死 戦後最少/68年ぶり 17年3694人」のトップ見出…

続き

新ロシアでのラーゲリ生活

日本対外文化協会理事 中澤 孝之 軍宿舎より快適な環境 元2重スパイが新刊で証言  レフォルトボ、ラーゲリは、かつて存在したソ連という国を知る人びとにとって、比較的なじみのあるロシア語である。それぞれ「予審(一時取り調べ…

続き

「現代の重要問題」解決へ、各国の協力を呼びかけ

アジア太平洋サミット2018開幕-ネパール  【カトマンズR・キッテル】アジア太平洋サミット2018(主催・UPF)が「現代の重要課題に取り組む-共生・共栄・共義」をテーマに、ネパールの首都カトマンズで1日、開幕した。U…

続き

北方領土「2島返還」にケチをつけ既成事実化を手助けするポストと毎日

◆時間足りぬ返還交渉  ゴーン前日産会長が誌面をにぎわしている。「日産『極秘チーム』ゴーン追放『一年戦記』」(週刊文春12月6日号)、「新聞テレビでは分からない『カルロス・ゴーン』20の疑問」(週刊新潮12月6日号)、「…

続き

台湾統一地方選 大敗の背景

平成国際大学教授 浅野和生 「韓国瑜現象」と民進党の慢心  11月24日(土曜日)に投票が行われた台湾の統一地方選挙における最大の勝者は、高雄市長に選出された国民党の韓国瑜であった。  9月上旬までの世論調査では、高雄市…

続き

北の核への警戒怠るな

 今から半年前の6月12日、シンガポールで開催された米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩労働党委員長は「完全な非核化」をアメリカのトランプ大統領に約束した。この会談を受けて、北朝鮮は約束を着実に履行するかと思いきや、さまざまな…

続き

米中首脳会談、中国は知財保護制度の整備を

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が開かれたアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで首脳会談を行い、米国が対中追加関税を当面凍結することで一致した。 米は追加関税を90日…

続き

自動車は世界最大の産業だが、IT(情報…

 自動車は世界最大の産業だが、IT(情報技術)やAI(人工知能)の革命と相まって業界の動きが急だ。米ゼネラル・モーターズ(GM)が、全世界で15%の人員を削減すると発表した。  米国の関税引き上げによる原材料高の影響もあ…

続き

ゴーリスト・マクロンの欧州軍

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 米頼みからの脱却目指す 有事には米が支援との計算も  第1次世界大戦終戦100周年記念式典に参列するためにパリを訪れたトランプ米大統領は、着陸直後、怒りのツイ…

続き