世界日報 Web版

Date archive for 9月, 2018

日露平和条約を「年末までにいかなる前提条件もなしで…

 日露平和条約を「年末までにいかなる前提条件もなしで締結しよう」。ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムで、ロシアのプーチン大統領が唐突に提案した。到底受け入れられない提案で、安倍晋三首相と日本国民を愚弄しているので…

続き

生徒が主体の授業

地球だより  日本のある大学関係者がフィンランドの学校の授業を視察したいということで、面識のある中・高校の校長先生にお願いして授業を見せてもらった。授業内容は、中学の数学と高校の社会学だった。  数学の授業は、生徒たちが…

続き

人生を豊かにする‟前向き思考”

ポジティブ心理学と人類の持続的繁栄 講演要旨 米ペンシルベニア大教授 マーティン・セリグマン氏  ポジティブ心理学の第一人者で、米ペンシルベニア大学教授のマーティン・セリグマン氏がこのほど来日し「ポジティブ心理学と人類の…

続き

景気低迷と物価高騰、高まるロシアの社会不安

 ロシア国民の生活に対する不安が急速に高まっている。景気の低迷、物価高騰に加え、国民の生活に大きく影響する年金改革を進めていることなどが背景だ。プーチン大統領が年金改革の修正案を提示したものの、反発は収まっていない。支持…

続き

北の非核化実現に必要なロードマップ

韓国紙セゲイルボ  9月の韓半島情勢は重大な岐路に立っている。初めての試験台である対北朝鮮特使団の訪朝結果が出た。金正恩労働党委員長は完全な非核化に対する意思を再確認し、トランプ米大統領の任期である2021年1月までの非…

続き

皇太子殿下、仏大統領を表敬

ベルサイユ宮殿で晩餐会  【パリ時事】フランス公式訪問中の皇太子殿下は現地時間の12日夕、パリ近郊のベルサイユ宮殿で、同国のマクロン大統領を表敬された。宮殿では日本文化を紹介する祭典「ジャポニスム2018」の能公演を鑑賞…

続き

幕張メッセに若者が1万人-2050年の日本へ提言

憲法に「家族保護条項」を 2050年に日本を背負う世代となる若者たちが、そのころ日本が直面する少子高齢化や地球温暖化などの課題について議論し、意見を発表する「提言 JAPAN 2050 Youth Fes.」(主催、同実…

続き

プーチン氏発言、到底受け入れられない提案だ

 ロシアのプーチン大統領はウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」の全体会合で、日本とロシアの平和条約について「年末までにいかなる前提条件もなしで締結しよう」と提案した。  プーチン氏が平和条約締結の期限に言及した…

続き

沖縄知事選告示、出陣式で第一声

「県民所得の向上を」佐喜真氏 「翁長氏の遺志継承」玉城氏  沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う県知事選が13日、告示され、無所属の4人が届け出た。前宜野湾市長の佐喜真(さきま)淳(あつし)氏(54)=自民・公明・維新・希望…

続き

台風襲来で暴風が吹き荒れる現地からの中継で…

 台風襲来で暴風が吹き荒れる現地からの中継で、冒頭に「安全を確保した上でお伝えしています」という言葉を聞くことが多くなった。以前はそんな前置きはなかった。ごく最近になって様子が変わったのだろう。  「何があったんだろう?…

続き

米司法省、北朝鮮ハッカー訴追

サイバー捜査能力が向上  米司法省は6日、米映画会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)などへのサイバー攻撃に関与したとして北朝鮮のハッカー、パク・ジンヒョク容疑者を訴追したことを明らかにした。それに伴って、…

続き

喉の痛みにプロポリス

地球だより  ブラジルは健康食品や薬草の宝庫だ。日本でもよく知られる滋養強壮効果のあるガラナやアサイーの実などさまざまな健康食品がある。市中を歩けば、健康食品を集めた店も多く、その効能は滋養強壮からダイエット、風邪、糖尿…

続き

冷遇される陸士

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  今日の形態の陸軍士官学校(陸士)は李承晩大統領とジェームズ・ヴァン・フリート在韓国連軍司令官(米第8軍司令官)が建てた。韓国動乱の最中に赴任したヴァン・フリート司令官は連戦連敗だっ…

続き

米露首脳会談、隠された見方

ロシア研究家 乾 一宇 陰のテーマは対中政策 米、中国封じにロシア利用か  トランプ米大統領は、6月の米朝首脳会談に続き、7月に北大西洋条約機構(NATO)首脳会議、初の訪英、米露首脳会談をこなした。  米政府は、米朝会…

続き

ブラジル大統領選、ルラ元大統領が出馬断念

支持率トップも汚職で収監  ブラジル労働党は11日、10月の大統領選で、現在、収賄罪で収監中の元大統領ルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ被告(72)の立候補申請を取り下げ、副大統領候補のフェルナンド・アダジ元サンパウロ市長…

続き

陛下、最後の稲刈り

 天皇陛下は12日午後、皇居内の生物学研究所脇の水田で、在位中最後となる恒例の稲刈りをされた。来年4月末の退位後、皇居での稲作は新天皇となる皇太子殿下に引き継がれる。  グレーの開襟シャツにズボンをはいた陛下は、5月に自…

続き

米中“均衡外交”繰り返す文政権

韓国紙セゲイルボ 韓国に国家的な危機招来も  トランプ米政府のインド太平洋戦略に対する韓国政府の理解度が低い。これでは韓国の対北政策は失敗の可能性が大きくなると憂慮されている。インド太平洋戦略は米国、日本、インド、オース…

続き

沖縄知事選告示、普天間基地の早期返還実現を

 翁長雄志知事の死去に伴う沖縄県知事選挙がきょう告示される。出馬表明しているのは、自民、公明、維新、希望の各党が推薦する佐喜真淳前宜野湾市長と、共産、社民、立憲民主、国民民主、自由など「オール沖縄」が擁立した玉城デニー自…

続き

「一帯一路」逆風の兆し、アジア各国反発

 中国が精力的に進めている経済圏構想「一帯一路」が、重大な岐路に立たされている。アジアの一部の国で、融資契約が不透明、インフラ開発後の負担が重いなどと反発が強まり、アナリストらからも、構想は中国のアジアでの政治的、経済的…

続き

スルガ銀の組織ぐるみ不正融資を断罪し、金融庁の責任も問う各紙

◆優等生とされた地銀  低金利でも収益上げた地銀の優等生、実はコンプライアンス(法令順守)無視の“トンデモ”銀行だった――。  シェアハウスへの不適正な融資問題で、スルガ銀行(静岡県)の第三者委員会がまとめた調査報告書か…

続き

秋雨前線が西日本から長く東北にまで延びて…

 秋雨前線が西日本から長く東北にまで延びていた。福島県はまだ前線の南側だったが、小雨が降ったりやんだり。東北自動車道から西を見ると奥羽山脈には雲がかかっている。吾妻スカイラインに向かった。  だが、福島に来て分かったのは…

続き

自衛官不足解消への課題

 防衛省は、自衛隊の人員不足を解消するため、自衛官の定年を延長する方針を固めた。2020年度以降、階級に応じて定年年齢を1~5歳引き上げるとしている。  防衛省が公表している現在の自衛官の階級に応じた人数(充足率)は以下…

続き

皇太子殿下、仏の歓迎行事に

昼食会、仏語であいさつされる  【パリ時事】フランス公式訪問中の皇太子殿下は現地時間の11日午前、パリの歴史的建造物である廃兵院(アンバリッド)で行われた歓迎行事に御出席された。行事では、音楽隊が君が代とフランス国歌の演…

続き