世界日報 Web版

Date archive for 2月, 2018

違法操業の中国漁船にアルゼンチン沿岸警備隊が威嚇射撃

 アルゼンチン沿岸警備隊は24日、同国海域で違法操業していた中国漁船に向けて威嚇射撃を行っていたことを発表した。  威嚇射撃があったのは、22日。アルゼンチンの沿岸警備艇が同日、同国沿岸の排他的経済水域で中国漁船「ジンユ…

続き

北代表団訪韓、確認できなかった非核化意志

 平昌冬季五輪の閉会式に合わせ北朝鮮から派遣された高位級代表団が2泊3日の日程を終え帰国した。注目されたトランプ米大統領の長女イバンカ補佐官ら米代表団との接触は実現しなかった。北朝鮮が非核化にどう向き合うつもりなのか依然…

続き

北船舶取り締まり、米「有志連合」検討

 米政府は、制裁に違反し北朝鮮へ物資を供給する船舶を取り締まるため各国海軍から成る「有志連合」設置案を検討している。大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)の枠組みを拡大し、中国を参加させることが柱だ。米政府に近い筋が明らかに…

続き

石垣市長選 来月11日投開票、自衛隊配備めぐり三つ巴の激戦

3月4日告示 保守分裂で危機感、漁夫の利狙う革新  沖縄県の石垣市長選が3月4日告示、11日に投開票される。中国が尖閣諸島の領有権を主張し、領海侵犯を繰り返すだけに、南西地域防衛の観点からも重要な選挙となるが、保守系が分…

続き

開通前の道路で1回限りのレース

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県浦添市西洲から宜野湾市宇地泊を結ぶ西海岸関連道路が3月18日に開通するが、それを前に、浦添市は同11日、開通記念イベント「夢のかけはしリレーマラソン&ウォーク―西海岸関連道路…

続き

FBIの失態 Bungling at the FBI

 警察官の運命は、めでたいことだけではない。ここのところ、連邦捜査局(FBI)にとっては、惨めな日が続いている。そこは、派手な政治的捜査というへまをやったと言って、責められ、傷ついていた。そして、また、旧弊なメディアが一…

続き

英国は慈善事業やボランティア活動の盛んな…

 英国は慈善事業やボランティア活動の盛んな国である。年間を通して、さまざまなボランティア団体が活動しているが、特にクリスマスシーズンともなると、幾つもの団体が街角に繰り出して募金活動を展開する。  大きな災害などが起き緊…

続き

巧妙な「独島」共闘

地球だより  平昌五輪の開会式で韓国と北朝鮮の選手団が合同入場行進する際に掲げた統一旗(白地に青で朝鮮半島を描いた旗)が一時物議を醸した。独島(竹島の韓国名)が描かれているのは政治宣伝を禁じた五輪憲章に反する疑いがあった…

続き

北の言いなり? 文政権に非難

挑発指揮した北幹部受け入れ  平昌冬季五輪を舞台に韓国・文在寅政権が南北融和を理由に北朝鮮の言いなりに近い態度を取り続け、韓国国内で非難が高まっている。特に閉会式に合わせて訪韓した北朝鮮の金英哲・朝鮮労働党副委員長は人民…

続き

ロシアゲートでコケるのか?トランプ暴露本を渡部恒雄氏が“暴露”する【PTV RADIO:011】

 アメリカのシンクタンクに長年いてアメリカ政治と日米外交をつぶさに見てきた渡部恒雄氏(笹川平和財団上席研究員)がトランプ政治を解説する。 (対談の音声を公開!)

続き

ミニストップ有害図書追放 販売中止、8割が賛同

 コンビニエンスストアのミニストップを傘下に持つ流通大手イオン(本社・千葉市)は、今年1月からすべての小売店で成人向け雑誌(成人誌)の取り扱いを中止し、有害図書の追放に一役買っている。一部の店で販売中止を先行させたミニス…

続き

17日間にわたり氷雪上を舞台に熱戦を繰り…

 17日間にわたり氷雪上を舞台に熱戦を繰り広げた平昌冬季五輪が25日に幕を閉じた。史上最多92カ国・地域からの約2900人が力と技と美を競い、日本は冬季史上最多となる13個のメダルを獲得した。  その一つ一つが輝きととも…

続き

対露防衛体制の弱点は大統領

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 選挙介入の事実を軽視 米の民主主義守る対策取らず  アメリカの司法省は2016年の大統領選挙に不当に介入し、トランプ候補(当時)を支援した容疑でロシア人13人…

続き

防大生は「靖国」で誓いを

 防衛大学校の年間行事の中で最も有名なのが、各大隊(4個大隊)対抗の「棒倒し」競技だ。毎年11月に開催される開校記念祭の目玉でもある。テレビ番組でも度々、練習風景から本番までを密着取材している。また、激しくぶつかり合うの…

続き

天皇陛下、チリ大統領と会見

日本の戦災復興など話題に外字(93b7)  天皇陛下は26日午前、皇居・御所で、来日中のチリのバチェレ大統領と会見された。宮内庁によると、大統領は2007年の来日時に広島県、今回は長崎県を視察しており、日本の戦災や核兵器…

続き

北海道で“厄介モノ”を利用し冬場に運動

雪合戦応用した「スノーシューター」 “厄介モノ”を利用し冬場に運動

 東京で言う「冬の季節」が半年近く続く北海道。どうしてもこの期間は家にこもりがちになり、児童生徒の体力低下が心配される。事実、北海道における小中学校の体力テストの結果を見ても冬場は下がる傾向にある。そこで北海道「雪」プロ…

続き

平昌五輪閉幕、最多メダル「東京」へ繋げよう

 平昌冬季五輪が17日間にわたる熱戦の幕を閉じた。日本選手団は史上最多の金4、銀5、銅4の計13個のメダルを獲得。斎藤泰雄団長は「最強のチームジャパンであることを実証した」と評価した。  選手、関係者らチームジャパンの健…

続き

政府、教材ネット配信手続きを簡素化

著作権法改正案を決定  政府は23日の閣議で、学校が著作物を教材としてデジタル教科書を紙の教科書と併用して使用する場合にインターネット配信する際の手続き簡素化などを柱とする、学校教育法、著作権法、文部科学省著作教科書の出…

続き

23区の私大・短大、19年度定員増認めず

文科省、認可基準の特例告示  文部科学省は23日付の官報で、東京23区内の私立大・短大に関し、2019年度の定員増や学部・学科の新設を原則的に認めない大学設置認可基準の特例を告示した。若者の東京一極集中の是正が目的。  …

続き

親の介護に備える

 昨年の暮れ、親族から電話があった。「心配になって……」というので何事かと聞くと筆者の母からお歳暮が送られてきたのだが、なんと同じ品物が日を空けて2回送られてきたという。80歳を過ぎた母が精神的に参っているのではないかと…

続き

夫婦別姓論議で経済的不利益のみ重視し「子の利益」無視するリベラル各紙

◆夫婦同氏は庶民感覚  夫婦を同姓として「ファミリーネーム」(家族の呼び名)を一つにするのはわが国の伝統的な家族観に基づく―。  こんなふうに書くと、別姓容認論者から、すかさず反論が出そうだ。江戸時代、庶民は氏(姓)を名…

続き

税制改革への支持が拡大

米コラムニスト マーク・ティーセン 国民の大部分が減税に 勢いづく共和党  共和党が多数派の連邦議会で昨年12月、税制改革が承認された時、ほとんどの民主党員は、共和党にとって政治的失敗だと思っていた。ニューヨーク・タイム…

続き

わが国は再生可能エネルギーの中で「風力」に…

 わが国は再生可能エネルギーの中で「風力」に期待するところは大きいが、陸上での立地条件には厳しいものがある。一方、洋上ではどうかというと、世界の中で設備容量は非常に小さい。  2016年度末の時点で、中国が世界1位の1億…

続き